About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
湾岸ミッドナイト ポータブル
湾岸ミッドナイトがゲーム化されていたのでやってみました。
PSで展開されており、僕が遊んだのはPSP版。

□ ゲームシステム
首都高バトルPSP版へ湾岸ミッドナイトの車を当て込んだもの。

以上。

って、はしょりすぎでしょうか。
ゲームシステム等に関しては、まさにこの一言です。
原作のストーリーを楽しむモード、自分がキャラクターに成り代わってライバルたちと戦っていくアーケードモード、ミッションをこなしてミッションの達成度で車のチューニングが施されるモード…と、やりこみ要素もあります。

ただPSPのレースゲームを幾つかしたのですが、共通して夜に走る設定はやり辛いですね。
画面が小さくて、どうしてもテレビゲームに比べると暗くなりがちで、遊ぶときの姿勢ひとつで見え方も違ってきますし…。
湾岸ミッドナイトは俗に言うアザーカーを避けながらのゲームですが、スピードが上がっていると車線の見切りを読み誤ってしまいますね。

後、個人的な感想なのですが…曲がらない。
他のゲームの感覚で良くと、すぐに壁に激突してしまいます。
なので、アクセルと同時にブレーキングが重要になります。

僕は余り長時間にわたってゲームをするのが得意ではないので、このゲームで採用されているSPバトル(敵を引き離した時間や、壁に激突した回数に応じてSPというゲージが減っていき、先に0になった方が負ける)は、手っ取り早くてよかったです。
他のゲームでもこのシステムを採用してくれればいいなぁ、と。

…あ、もちろんSPバトルのシステム限定の話です。



テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1243-1e4229d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記