本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

中高年のための登山医学/大森薫雄
正直に言います。
登山医学という言葉を良く知らなかったので、登山することで健康になる本だと思って読んでみました。

…逆ですね。

登山をする過程で発生する病気や怪我に対処する為の医学なんですね。
調べてみると全国的にネットワークがあり、登山の多い時期には山で診療所を設置するなどしているそうです。
この本は登山で起こりえるトラブルへの対処や、危険の啓蒙活動として書かれた一冊です。

登山中の事故に関するニュースはよく耳にします。
よく聞く表現で言うなら、山を甘く見ないこと…なんだなぁと思いました。
この本の中で紹介されている真夏の凍死(低体温症)のような事態も起こりえることを考えれば、まずは医学から離れて登山をする際の準備から考えていく必要があるのでしょう。
その準備が出来た上で、山でどのような怪我や病気が起こりえるのか、そしてそうした時にどのような対処をする事が正解なのかという知識を付けていかなければなりません。
虫刺されや毒ヘビの被害に遭った際の対処も記されています。
僕は電子書籍でこの本を購入したので手帳を持ち歩く限りはいつでも開けますが、本で購入した方も少し重たいかもしれませんが荷物に忍ばせておくと良いかもしれません。

僕は登山といえる程の登山をする事は無いのですが、写真を撮影する目的で山に行ったりする事もあるので、とりあえず準備の事から覚えていければいいなと思い、当初の目的とは違った方向性ではありましたが、じっくりと読ませていただきました。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.