本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

ソードワールドSFC2
国産テーブルトークRPGのソードワールドのゲーム化、SFCの第二弾をプレイして見ました。

まず前作からの変更点で一番大きいのはレベル5以上の解放です。
前作はレベルの上限が5に設定されていたのですが、本作では最大値となる10までの成長が可能となりました。
これによって特に魔法使い、精霊使いの行動にはかなりのバリエーションが出来ました。

ただ、実際にプレイして見て思うのはレベルは4~5くらいが楽しいかな、と。
10まで行くとクリティカルも多いし、敵の攻撃もあまり当たらないし、大量の敵も魔法でまとめて攻撃出来たりで楽勝過ぎるんですよね。
本来は戦闘メインになるゲームではないのですが、コンピューターゲームとなると、戦闘も大事だよなと思わされるのでした。

ゲームの内容は前回のどんどん依頼を受けていく流れから一転、目標に向かって行動する道すがらで遭遇する仕事を次々とこなしていくような形になっています。
最後の方になると、本来の目的を忘れてしまいそうになりますが、それも愛嬌。
DS版のウィザードリィで固定キャラが批判の対象になっていましたが、一人か二人くらいなら、ゲームに味が出ていいのかもなぁと思いました。

後、余談ながら僕には再興の演出だったのは、シナリオの途中で遭遇するスチャラカ冒険隊の面々です!
しかも物語の都合上、彼らを操作することも出来ます!
もうね、愛着のあるはずの自分のキャラクターなのですが、このまま交換してずっと旅をしても良いとさえ思ってしまいました。
いやぁ、ケインはスネアですねぇ♪



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.