About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
散歩とおやつ―つれづれノート8/銀色夏生
著名な方でありながら、今までに読んだ事が無かったので一冊手にとって読んでみました。

…が、ちょっとくらい立ち読みしてから買えばよかったと唸りました。

この本はつれづれノートというシリーズの第八作目に辺り、著者の日記帳のような作品です。
何気ない日常の出来事と、銀色夏生さんの親しみ易いイラストが続きます。
まるで銀色さんのご家庭の中にフラッと迷い込んだかのように、一家の出来事に一喜一憂して、時に笑い…。
とてもリラックスした気分で読む事が出来ます。
旦那さんがエッチな小説を読んでいた事を見つけて、それがきっかけで夫婦喧嘩になったり。
歯医者で歯痛が止まって喜んだり。

当たり前の日常も、こうして文字にされると、なんとも愛しく、なんとも素晴らしい。

そしてこの日常は銀色夏生さんの家庭にだけあるものではなく、どこの家庭にも等しく存在するはずのものなのです。
それに気づければ、自分自身の『つれづれノート』を描くことも出来るのではないでしょうか。

ただし、初めて手に取る著者の作品としては不向きです。(シリーズ物だから当然ですよね)
あっちゃんがお子さんなのはなんとなく判ったのですが、『イカ』というのが何者か判らず(旦那さんですね)、内容を理解するまでに結構な時間を要してしまいました。
また機会があれば、ぜひとも第一巻から読み直してみたい作品です。



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1231-f0ae0639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記