本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

よだかの星/宮沢賢治
宮沢賢治さんのよだかの星を読んでみました。
この作品を読むのは、恐らく子供の頃以来なのですが…、今になって読み直すと、なかなか深く重たいテーマですね。

よだかは美しくも無く、そして強くも無い鳥で、普段から他の仲間に虐げられていた。
飛んだ時の姿や泣き声が鷹に似ていると言うことで、よだかという名前を付けられていた事が本当の鷹の気に障ってしまい、ある日改名をしないと殺すと言われてしまった。
そこでよだかは自分の居場所を求めて、遠くへ行く事を決意する。


ヨタカというのは実在の鳥で、好みもあると思いますが、美しいとは言いがたい鳥です。
夜行性の鳥で、作品中にもあるように大きい口を開いて飛ぶことで口の中に飛び込んでくる虫を食べます。

よだかは近しい仲間である兄弟のように美しくなく、鷹には嫌われ、周囲の仲間からは陰口を叩かれ…。
徐々に自分の存在を否定するようになります。
この自分を否定する感覚と言うのは、宮沢賢治さんの作品に良く見られる傾向ですよね。
他者への否定ではなく、周囲に嫌われる自分、何かを殺して生きていく自分を否定しようとする。
作品の中で、美しい兄弟をねたましいと思ったことも、自分に名前を変えるように強要し、もしかすると殺そうとする鷹を憎いとも復讐したいとも思わない。
自分も生きていくために命を奪わないといけないし、その命は鷹によって奪われるかもしれない。
永遠に続く、生命としての根底にあるループにさえ、よだかは疲れ果ててしまったのでしょうか。
ただ遠く、星になる事を願い、そしてその願いはかなうのです。

ただ、『これがよだかの最後でした。』という表現にもあるように、よだかは空高く飛んでいく途中で絶命しています。
よだかが後に星になるというのは、凄く生死感のような、宗教めいた感じのある結末だなと思うのです。
星になるという結論をそのままに受け入れると、よだかは逃げたようにも感じるのですが、清廉に生き抜いた結果が星になるという成果をもたらすのであれば、それはとても素敵な事です。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.