本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

さぬきうどん 至高のうまさとは/プロジェクトX
僕の一家は元々が四国のほうに由来するとかで、幼い頃はよく墓参りに香川へ行ったものです。
なので一家共にうどんが好きで、うどん屋に行くと評論家ばりにうどんを語っていました。

実際、香川県に住む人々にとってうどんと言うのは、凄く身近な食べ物であり、思い出の味なんですね。
今回は外国製の小麦の導入によって失われた香川県の思い出の味を取り戻すためにさぬきの夢2000を生み出したプロジェクトに関する話題を読んでみました。

讃岐うどんは一時期殆どが『ASW』(オーストラリアスタンダードホワイト)と言う海外製の小麦で作られていたそうです。
長雨の影響で香川県内の小麦の生産自体が下火だったことや、ASWが製麺に適した居たことや仕上がりが美しい純白になる事が消費者に好ましく受け入れられた事などから、讃岐うどんも全国の動向に沿ってASWを使用していたそうです。
今回、このASWに代わる品種の開発をする為のエピソードを読むのですが、このASWの品質が低いわけではなく、今もって日本でも麺では主流ですし、後に問題となる不当表示(さぬきの夢2000として売り出されたものが、実は80%別の小麦だった)の際に混ぜられていたのも、このASWです。
では何が失われたのか…?
それは実は風味だったそうです。
思い出の味、そして思い出の風味を持った国産の小麦を作ろうと動き出したのが、このプロジェクトだったのです。

このプロジェクトは県が主体で行われた為に、予算や設備投資も充分とは言えない規模だったそうです。
ただし讃岐うどんに適した小麦という、ピンポイントの開発だった事から、規模に
最初に胚が出来るまで一年だったり、うどんを作ってみるのに、手先が器用な人が選出されたのは良いけれど、うどんを作るのは未経験だったりと、もうちょっと専門家を選べば良いのにと思いつつも、それでも情熱でやってのけたのは、やっぱり香川の人たちにとって、讃岐うどんの存在が特別だったと言う事もあるのでしょうか。

そうして出来上がったさぬきの夢2000という品種は、従来のASWをメインに考えられていた機械や手法では上手く使えない弱点を持つ物でしたが、地元の人たちが技術面でカバーすることで無事にデビューすることが出来ました。
これって大変な事ですよね。
美味しくても使いづらいならいらない!と言われたら、さぬきの夢2000は頓挫していたかもしれないし、2003だか2005だかという数字でデビューしていたかもしれない。
しかし、さぬきの夢2000の試食では思い出の味だったと言う意見が寄せられ、地元業者の方もそれを使いたいと願った。

この小麦の名前は、名実共に『さぬきの夢』だったんだろうなぁと思うのです。

最後に文中に登場する一文を紹介します。
讃岐の、讃岐による、讃岐のための小麦開発

エイブラハム・リンカーン!!

※この作品は電子書籍で美味しく頂きました。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.