About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
悪霊がいっぱいで眠れない/小野不由美(ゴーストハント3 乙女ノ祈リ)
この作品は表紙を見ても判るとおり、基本的には女性向けの作品なんだなぁと痛感する第三作目を読んでみました。
いやぁ、30目前のオッサンが読んで本当に申し訳ないです。
でも面白い作品に境界線なんて必要ないんです。

閑話休題。

□ あらすじ
ある私立の女子高では心霊現象と思われるトラブルが多発していた。
主人公である谷山麻衣と渋谷一也のいる渋谷サイキックリサーチの元にも依頼が舞い込んでいたが、所長であるナルこと渋谷一也は請け負おうとはしなかった。
しかしある日、ぼーさんこと滝川法生も同様の依頼を受けて相談を持ちかけてきた。
そこで話をよく聞いてみると、学校中のいたるところで心霊現象のような事が続いており、けが人が続出していると言う。
そこでいつものメンバーを動員して片っ端から浄霊を行おうと試みるのだが、なぜかそれは上手く行かなかった。


□ 上手く行かない除霊
面白いなぁと思うのは、渋谷一也という人物は、自ら霊現象について調べ続けている割に、霊と言うものに対して、基本的には否定的なスタンスを取り続けるんですね。
狐に憑かれたといった相談などに対して、一貫してカウンセリングを勧める。
実はこれがこの作品のミソとなる部分っていうのが、シリーズ名に対して皮肉な感じです。
前作では思い切り心霊現象に振っていたのが、今回に関しては真砂子も霊が居ないと主張し続けます。
しかし起こり続ける心霊現象としか思えない出来事、そして一也や麻衣を襲う謎の鬼。
著者の小野不由美さん自身、こういった事に造詣が深いんだろうなぁと勉強しながら読み進めていきました。
PKとEPSの違いなどなど、結構面白かったです。
この作品にはユリ・ゲラーとその代表的なパフォーマンスだったスプーン曲げ、そしてそれに感化されて自らもスプーンを曲げられるようになった少女などが登場してきます。
ちょうどこの作品の出る少し前くらいが、日本におけるユリ・ゲラーブームだったんですね。

□ 女子高校生だもの。
冒頭でも掲げたとおり、この作品はとにかく少女向けの作品なんだなぁと思わせる色合いが強いです。
舞台となるのが女子高という事もあって、麻衣はその学校の生徒と親交を深めます。
そして今で言うところの『恋バナ』に花を咲かせているので、ハートマークも多いのです。
ぼーさんがしているバンドの追っかけの子も登場したりで、オッサンはちょっとついていけません。
こんな気持ちが実るときがくるのかどうか…は、今後の展開に期待でしょうか。
…っていうか、麻衣はバイトの為にずっと学校につめているようにも思うのですが、この人自身の学業は大丈夫なのでしょうか。

ネタバレ等は続き以降で。



□ 答え
結局、全ては真砂子が言っていた、学校の中に霊的な存在が見当たらないと言うのが一切の答えだったんですね。
その答えは呪いでした。
この時代に対する著者からのアンチテーゼなのかなと勘ぐってみたりしました。
僕はこの時代は随分な子供だったのですが、心霊っていうものが流行っていて、物語としては呪詛なんですよーっていう軟着陸のような結論に至っていますが、ナルのカウンセリング発言にしても、何でも心霊って騒ぐのはどうかと思うというような著者の言葉があるような気がしてならないんです。

□ 感想
ストーリーとしては面白かったです♪
呪詛を仕掛けた犯人探しなんて、ちょっとした推理小説ばりの展開ですしね。
麻衣とナルの恋愛物語はどうなる?とか、ナルが真砂子に握られている(?)弱みってなんだ、リンが実は陰陽師だったのか?とか、結局のところナルって何が出来る人なの?とか、今後に期待したくなるストーリーも多くて、ナルって実は霊的な能力は無いの?となりつつ、実は麻衣には悪意を持つ霊に反応する能力があるのではないはないかなど、色々な命題が登場します。
ちなみにナルはこの作品の中で自分の性格が良くないことを認めています。
ただし、その理由は『このうえ性格までよかったら長生きしない』と言うものでした。
…ま、人間欠点って大切ですよね。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1226-cb2e17f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記