本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

天にマのつく雪が舞う!/喬林 知
カロリア編の第三弾を読んでみました。
続き物に弱いのは本の虫の性です。

閑話休題。

前作で危険な力である「地の果て」が誤った方法で開放された為に、カロリアは国中に大きなダメージを受けていた。
そこで渋谷有利は自ら既に故人である領主に成り代わり、国の再興に眞魔国の力を動員して勤めていた。
そんな時、『大シマロン記念祭典、知・速・技・総合競技、勝ち抜き! 天下一武闘会』(略してテンカブなんだそうです)が大シマロンで行われるという通知が来たのである。
このテンカブは大シマロンが優勝することを前提にした出来レースのような試合であったが、優勝者には望むままの褒美が与えられると言う。
「風の終わり」を取り戻せる…!
彼らは、そのテンカブへ参加を決めたのであった。


いつの間にかキャラクターの変わったフリン、良い味を出している羊、そしてカロリア編に入って初めて眞魔国入りしながらも意味深な言動を残し続けた村田 健の正体も明らかになります。
よく見ると最初の段階から伏線はあったんですよね。
ツェリ様やコンラッド等々、お馴染みのキャラクターも続々登場、物語の雰囲気も徐々に明るくなってシリーズらしさが久し振りに味わえる一冊でした。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.