本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

京都財テク殺人事件
僕にとっては結構思い出深い作品なのですが、いまやこれもレトロゲームなんですね…。ファミコンから発売された山村美紗サスペンス三部作の最終章となる『京都財テク殺人事件』をしてみました。

他のシリーズも楽しくプレイさせて頂いていてたのですが、この作品に一番愛着があるのはセーブ機能があるから、でしょうか。
三部作の中でこの作品だけなんですよね、パスワード。
FCの容量なので、正直パスワードを何度も書き写してまで攻略するほどのボリュームではなく、でもぶっ通しでやり続けるには少ししんどい…そんな微妙な時代でしたが、セーブ機能の恩恵でゆっくりと楽しむことが出来ました。

□ あらすじ
主人公は昔親しくしていた三人の友人と集まることになっていた。
しかし最後の一人である由美子がなかなか集合場所に来なかった。
近くで何か騒がしかったのでそちらへ行って見ると…なんとその由美子が殺されていたのだった。
二人は現場に残された西丸証券のボールペンを辿って、由美子の職場の上司の妻、そして西丸証券の内部へと捜査の手を広げていくのだった…。


□ ゲームシステム
今も脈々と受け継がれるアドベンチャーゲームの王道を行く作品です。
難易度は低く、物語の最終局面でトリックを解く際を除いてはしらみつぶしに行動を取り続ければ必ず解決できます。
推理ゲームと言うよりは、一本道のサウンドノベルといった感じでしょうか。
後、最大の特徴として株の取引を行うことが出来ます。
現場に残されていた証券会社のボールペンにヒントがあると考え、自分たちも株取引を行う事で証券会社の従業員たちへ接触を図ります。
その流れで株をいくらか購入し、物語の展開に応じて株価が変化していきます。
とてもシンプルなゲームですので、一巡目でメモさえ取っておけば二順目で丸儲けです。
ちなみに本格的なものを楽しみたいとお考えでしたら、同じくファミコンソフトで松本亨の株式必勝学というものがあるので、どうでしょうか。

□ 感想
えーっと、京都…?
以上。

いや、本当に極端に舞台が京都であろうが岡山であろうが差しさわりのない内容です。
この作品が京都を舞台にする必要があるとすれば、刈谷警部に出てきた貰う為か、作者名を掲げている都合上意外に特に思い当たりません。
作品としては結構面白かったです。
主人公の相棒のはずの女性は株でもうけたり、証券マンと付き合い始めたりと自由奔放ですし(笑)。

密室のトリックは壊れたらどうするんだ!だし、犯人の第三の殺人がばれる理由と言うのも、幼稚と言えば幼稚です。
でも、もう二十年近くまえかなぁ…。
あの頃の僕は、凄くときめいたんですよ。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.