About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
タイム・リープ あしたはきのう・下巻/高畑京一郎
鹿島には、階段を見ると、落ちたくなる癖があるのさ

時間を移動できるようになってしまった少女の物語、上巻に引き続き、下巻も読んでみました。

上巻は理路整然と、一週間の間を行ったりきたりしている翔香の時間移動を説明して行く事に費やされている部分も多かったのですが、下巻ではある程度の規則性なども見えてきた為か、コントロールできるとまではいかないものの、ある程度予測を立てながら、自分たちが過去で何をしておくべきなのか、きちんと考えながら行動を取るようになっていきます。
またライトノベルらしい恋愛感情などが綴られるのも下巻がメインでしょう。
上巻を読んだ方は、ギブアップせずに下巻までしっかり読み進めて頂ければと思います。

□ あらすじ
時間移動の規則性は段々とつかめてきた二人だったが、もう一つ新たに判明したことがあった。
何者かが翔香の命を狙っていたのである。
そこで和彦と二人は、過去から未来の自分たちへ手紙を送ることを思い立った。
犯人の姿を級友に調べてもらい、それを知ろうというのだった…。
また同時に二人は過去と帳尻を合わせるために奔走しながら、徐々に距離を詰めていくのだった。

しかし、やがて届いた手紙は…なぜか、一通多かったのである。

ネタバレ等は続き以降で。


□ 時間を超える理由
結構ややこしい段取りを踏むものの、実は一通多かった手紙で全て決しているのではないかという疑問もあるのですが、この作品においてタイムリープする理由というものがきちんと付与されているのは面白いなと思うのです。
時をかける少女では、ただなんとなく時間を移動したから、嫌な未来を変えてみた…という事でしたが、本作では時間を移動できるようになったことと言うのは、ある一定期間の自分からのSOSという扱いになっています。
だから全ての準備が出来たとき、翔香は今まで戻る事が無かった時間へ戻り、未来を変えてしまいます。
こういう作品なのである程度の矛盾等々はつき物ですが、意外とすっきりとした結論に行き着いています。
どこからどこまでが時間は再構成させずに過去、未来を変えられるのかといった小難しい問題はやっぱり残りますね。

□ 感想
「危なっかしくて、とても放っとけないな」という言葉のある結論、そして和彦が女性と距離を置くようになるきっかけなど、下巻では男女としての二人にも話題がフィーチャーされています。
上巻が無いと成立しない物語ですが、読み物としては下巻の方が面白いかもしれないですね。
いっぱいタイムリープも見れたし、ご満悦です。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1192-b9ea9595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記