About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
サザエさんの悲劇/世田谷サザエさん研究会
東京サザエさん学会が出した『磯野家の謎』に便乗して出た謎本の中で、本家の批判という路線を含んだ事で人気を集めた『サザエさんの秘密』の続編、『サザエさんの悲劇』は、磯野家の謎の内容に対する行き過ぎとも言える批判で、逆にバッシングを受ける結果となってしまった一冊です。

前作で、感動的な内容の後に磯野家の謎に対する批判があった為に興ざめしたという意見があったことから、前半部をその内容に割いた…という事で、前半部に磯野家の謎の内容に対する反論や間違いの指摘を集中させています。

…いや、その読者の方が言いたかったのは、そういう意味じゃない気がするのですが。

確かに磯野家の謎にも行き過ぎた表現があり、それが悪く言われる部分もあり、このサザエさんの悲劇の前作にあたる『サザエさんの秘密』は『謎』に対するいいフォローになっていたという意見もあったようですが、『ここで『東京サザエさん学会』の嘘や暴言をこっぱ微塵に暴く手筈になっている。』(サザエさんの悲劇、『はじめに』より)等、この作品自体に大人気ない雰囲気があります。

タラちゃんの生年月日を他のキャラクターを逆算することではじき出すと矛盾が生じる…という部分を、東京サザエさん学会が本物のタラちゃんは神隠しになってしまった!?と書けば、こちらでは著者である長谷川町子さんの仕事の都合を持ち出して否定する…。

漫画の矛盾から神隠しという言葉を持ち出すのも、漫画の矛盾に著者の実生活を持ち出すのも、どっちもどっちという言葉がこれほど判り易い例はないと思う。
そしてせっかく日本を代表する庶民を描いたアニメとして知られるサザエさんにとって、このような言い争いが展開されてしまったこと事態が、奇しくもこの本のタイトルどおり『悲劇』だったような気がしてなりません。


テーマ:読書ノウト - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/119-53a51e3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記