本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

新ルート・岡山の山百選/岡山県勤労者山岳連盟
実は去年の話ですが、屋久島というところへ行って大自然へ触れてきました。
島中が大自然、素晴らしい体験でした。
岡山にはあんな風景無いよなぁ…と思っていたら、さすがに屋久島には負けますが結構良い雰囲気の山がある事を知りました。
そんな、郷土再発見の本を読んでみました。

岡山県内から登頂できる山を百箇所選んだ一冊です。
山の見所、注意点、そしてルートや交通案内が記されています。
登山には危険がつき物だからか、普通の観光案内の本との最大の違いとして丁寧語が存在しない事が挙げられます。
低山といっても、誰でも登れるわけではない』という厳しいお言葉や、『急登なのでゆっくり登ろう。』という暖かい、まるで兄貴のような言葉まで、丁寧語は存在しません。
山に登ろうというのに、丁寧語なんて使うやつぁ、生きて帰れねーよ。という、きっと著者からのメッセージなんだと思います。

僕自身は岡山県の南部に住んでいるのですが、いいなぁと思う山は大抵県北に集中していました。
県南の山はどちらかというと、初心者向けのような扱いでしょうか。(勿論甘く見たら、著者に怒られます)
また機会があれば屋久島にもいきたいですが、それまでに県内の山も色々と踏破してみたいなぁと思うのでした。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.