About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
岡山の駅舎/河原 馨
タイトルそのままです。
平成二十二年時点で岡山県にある駅舎全ての写真です。
道の駅は除かれますが、岡山電気軌道の路面電車は含まれます。
もちろん僕が知っている駅もあるので、読んでみました。

駅というのは、意外と古い建物が残っているんだなと思いました。
僕は田舎の方に住んでいたので無人駅も慣れていたのですが、とても小さくても人が居る駅もあれば、大きい割りに人が居ない駅もあったり、直営の駅と委託の駅など、駅ごとで事情が色々とあり、電車マニアではない僕でも充分に楽しめました。
個人的には電車より、駅かなぁ…。

これはごくごく、個人的な感じ方なのですが、駅には人の生活が染み付いていると思うんです。
僕自身、大学時代は電車で通っていたので駅を毎日見ていましたが、見たことの無い駅のラッシュ時を思ってみたり、この駅を見上げて通勤や通学の人たちがどんな風に感じたのかなど、思い浮かべてみるとなかなか面白いです。
僕が使っていた駅もありますが、別に際立って風情があるわけでもないのですが、もっと簡素な風景を思い出に残している人、多分本人たちは気付かずにすごした、凄く贅沢な風景を思い出に持っている人…。
そういうった人々の生活を思いながら見ていると、思わず時間が経つのも忘れてしまいそうです。
地元を離れられて暮らしている方も、きっと思い出の駅が見つかるはずです。
無人島へ行くなら時刻表―とは思えない人にお勧めの一冊です。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1168-27bb5271
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記