本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

常識として知っておきたい 日本の問題/ニュースなるほど塾
こういう本が日経文庫辺りからよく出版されており、僕も参考にさせて頂いているのですが、今回は電子書籍で購入したので…こういった本としては初めて河出文庫のものを読んでみました。

出版は少し古くて2006年ですが、現状と大きな違いはありません。
…まぁ、それだけ日本に変化が無いという事なのかもしれませんが、ちょうど北朝鮮が核実験などをしていた時期という事もあって、その辺りの話題が多かったり、民主党政権成立前ということで税制の話題が少し今と雰囲気が違うなど、多少の差異は勿論あります。

テレビや新聞が言うがままに、なんとなく論調に流されてしまいがちなのですが、結局のところ何が問題でもめているのか、変えなければならないのか…という事を知らないままにいる事って多いと思うんですね。
例えば孤食の問題などは、『寂しい話だけど、女性も働く時代になったんだから仕方ないんじゃない?』しか思えないのですが、孤食という行為自体が精神的に与える影響などが本当は深刻なわけです。
ニュースの本質っていうとアレなのですが、広告主や世論に左右されがちなマスコミに対して、与えられる情報から、自分自身も考えるという行為をするための材料というのは、大切なんじゃないかなと思うのです。
その為に必要な材料を仕入れる為には、この本のような客観的にニュースを見ている本も大切だと思うのです。

※この本は電子書籍で美味しく頂きました。
でも、購入するなら2011年版がいいかな、なんて思いました。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.