本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

ヒーローになりたい!―サーラの冒険 1/山本 弘
男の子っていうのは、子供の頃にやっぱり冒険を夢を見るものだと思います。
見知らぬ土地で、見知らぬ何かを手に入れたい、みたいな気持ちは、やっぱり僕にもあって。
だけど結局はせいぜいが学区外の隣町に行って、普段見知っているデパートとは少し違う陳列でおもちゃか本でも買って、ちょっと気持ちよく帰る程度のもので、気がつけばそういう憧れからも抜け出していったりするんですね。

そんな年頃の時に読んだのが、このヒーローになりたい!でした。
サーラという少年は、やはり彼自身も冒険にあこがれ、自らが英雄と呼ばれる存在になってみたいと願っていました。

そしてそんな彼の村へ訪れた冒険者一向…。
彼らは村に出没するキマイラを退治する為に雇われていた。
しかしサーラにとっては、千載一遇のチャンスのように思えたのだった…。


僕、実はこのサーラの冒険が大好きだったのですが…まだ最終巻って読んだ事がないんですよね。
完結したというのはたまたま情報をネットか何かで見かけてはいたのですが、それが2006年ごろの事で、まさかまだ続いているとは思いもよりませんでした。(シリーズは全六作、期間は15年でした)
僕もソードワールドノベルなんで久しく読んでいませんでしたし、著者自身でさえ既にソードワールドの主要メンバーからドロップアウトしてしまっているわけですしね?

ただ…やっぱり思い入れはあるんですよね。
冒険に出たいという気持ち、自分だって何か出来るんだって言う気持ち、今の自分を打破したいっていう気持ち…、サーラが故郷の村で抱いていた全ての気持ちは、やっぱり自分とクロスするんです。

最後にサーラは村を飛び出していくわけですが、僕はさすがに家を飛び出していくわけにもいかないですし(寧ろ飛び出す前には左右を確認しないと危ないですし)、その旅の行き着く果ては、まだ見なくてもいいのかな…って。
もう少し頑張って今を生きてみて、自分の人生に満足できたら、もう良い年のおっさんになっているかもしれませんが…、続編を読んでみたいなって思います。

ちなみに…読んだ事があるのは『愛を信じたい!』までです。
今みたいに通販が盛んだったわけではない当時、レジに持っていくのは勇気が必要だったなぁ…。(※リンク先参照→愛を信じたい! (富士見ファンタジア文庫―サーラの冒険)



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.