About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
盗まれた都市/西村京太郎
西村京太郎さんの電車が出てこないミステリーです。
僕は著者のトラベルミステリー以外の作品って好きなんですよね…読んでみました。

□ あらすじ
探偵の左文字 進の元へ矢部警部が訪れた。
駅でチラシを配っていた男が殺されたと言うのだ。
しかし彼が調べてもらいたかったのは、彼の死の真相などではない。
彼が配っていたチラシから人口十万人程度、何の変哲も無い地方都市である『尾形市』で、何か異変が起こっているのではないかと思い、その調査を依頼したのだった。
そして左文字夫婦は訪れた尾形市で異様な風景を目にする事となる。
反東京を掲げ、東京的なものを町からどんどん排除していこうとしていたのだ。
そしてそんな町で、東京から来た彼らは四面楚歌になりながら、次々と起こる殺人事件へ立ち向かうこととなった…。


□ 思想をコントロールすること
ネタバレかな?と思ったものの、物語の随所随所で触れられていることでもあるので、この作品のミソとなる部分をご紹介。
それは市民の思想をコントロールすることです。
もちろんこれはフィクションなので、実際に上手くいくかどうかって言うのは別問題ですが、でもじっくりと時間をかけて行えば、案外民意と言うのは、偏った方向へ持っていくことが出来るのかなって思ったり…。
特にマスコミの力っていうのは、本当に偉大なんだなって思います。
今でこそインターネットで色々な見方をしたニュースもありますし、Yahoo!のニュース記事にはコメントがついていたりして、時には記事を批判するコメントが支持を集めていたりするわけなのですが、それしか情報源がないというのは、実は非常に危険な状況なんですね。
僕の住んでいる岡山も、新聞は山陽新聞と言う地元の新聞が殆どという状況です。
全国ニュースはともかく、岡山県内や地元の話題っていうのがこの新聞でスポイルされてしまうと、知る機会は非常に限られてしまう。
これはやっぱり地方には必ずある事で、ちょっと笑えない部分もありました。

□ 感想
作品としては結構古い作品になるんですね。
物語の確信となる部分っていうのが、とても時代を感じさせてくれます。
ミステリーではあるものの、それは物語を読み物として面白くしていく為の手法であって、別にこの作品はSFチックな社会風刺、例えば『油断!』のように、そこだけをピックアップしても充分に名作だったのではないかと思うのです。
でも、まぁ。
お陰で左文字夫婦の仲睦まじい雰囲気が見れたり、なかなか楽しめましたですよ。

ネタバレ等は続き以降で。



コンピューターが出てくるのは、やっぱり時代柄かなぁ…なんて。
この作品が発表されたのがもう三十年以上昔の事ですし、僕自身が子供の頃を思い返しても、この頃ってコンピューターに対する無限大の可能性みたいなのを感じていましたよね。
この作品ってその頃の考え方を凄く反映しているような気がします。

こんなのプログラミングじゃねぇ!なんていうんじゃなくて、その頃の時代なりの気持ちになって楽しみたい作品だと思います。

テーマ:本に関すること - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1130-a1a5d023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記