本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

使える!得する!差をつける! 仕事の裏ワザ300/戸田 覚
タイトルだけを読むと、すごく楽して仕事をするようなイメージの本ですが…。

意外と堅実且つ厳しい。

第一章で紹介されているデジタル機器の使い方で登場する裏技なんて『バッテリー残量が危ういときは画面を暗く』ですから、もう内容はなんとなく想像がつきますね?
仕事に裏技なんて存在しない、堅実にがんばるのが一番だと気づかされる本です。

ただそこへ、最新のテクノロジーが合わさっていることに注目したいですね。
デジタル手帳ということばが登場しますが、意外とこういう本では携帯電話やPDAなど、デジタル機器に傾倒するか、もしくはアナログに回帰するかという論調が多いのですが、意外と上手く融和した使い方の提案がなされていると思います。

個人的なやり方なのですが、瞬時にとるメモはやっぱり紙が一番いいんですね。
リナザウは動作が重過ぎるし、携帯電話では入力に時間がかかる。こだわらずにメモ帳に書いてしまうのが一番早い。
だけど、たとえばそのメモを後生大事に持ち歩くのではなく、携帯電話のカメラで撮影して、それを会社のメールに送ってしまう…という方法もあると思うんです。書いたメモはその場でクシャクシャポイでいい。
アナログの軽快さと、デジタルの保管のし易さの両方が頂けるわけです。

この本で紹介されていることでいいなぁと思うこともあれば、自分の仕事にはあわないという方もおられると思うのですが、単純に紹介されていることへの答えではなく、思いつくこと、組み合わせることなどの気づきのきっかけとして、読んでみると面白いかも知れません。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.