本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

トラドラ2!/竹宮ゆゆこ
お互いの恋愛のために共同戦線…のついでに、共同生活までしてしまうとらドラ!の2巻を読んでみました。

この1巻では二人とも奇抜な設定ばかりが目立ちましたが、2巻では少し方向修正。
逢坂大河の当たり前な女子高校生としての一面が描かれています。

ある日、大河が恋する北村祐作の幼馴染として紹介された川嶋亜美は、モデルで見た目にも美しく人懐っこい性格の女の子…だったが、実はその性格は毒舌かつ我侭そのものだった。
転校して同じクラスになっても、その化けの皮ははがれることなくクラスの人気者だったが、大河とは余り良い関係は築けないままだった。
放っておけば良い―。
そんな竜児の言葉に、大河は素直に頷けない事情があった。
また何かと竜児に接触してくる亜美にも、やはり言葉に出来ない事情があったのだった…。


誰にでも当然のように有る、自分に無い物へのどうしようもない憧れ。
僕たちは大人になる過程で、その憧れを『諦め』に変えていく。
でも、憧れを抱いた時代のすっぱさは、やっぱり悪くない思い出なんだなぁ。

もう随分と青春時代を過ぎたおっさんですが、ちょっと甘酸っぱい気持ちになりました。

ちなみにスピンオフ作品である幸福の手乗りタイガー伝説も同時収録。
こちらは甘酸っぱさとは無縁の爆笑の大河伝説です。
訳も判らず痛い目に合わされる大河の、言葉にならないリアクションに注目の一作です。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.