本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

頭文字D 番外編 -ロンリードライバー伝説-
頭文字Dの番外編として発表されたのがこの作品です。
…発表といって、も実はドラマCDです。
主役は秋名スピードスターズのメンバー、池谷&健二の両名。
レギュラーなんだか端役なんだか判らない二人だけに、豪華なんだか簡素なんだかよく判らないドラマCDという媒体が妙に似合っているような気がしました。

□ あらすじ
池谷と樹が働くガソリンスタンドへ一人の赤いロードスターに乗った女性が訪れた。
そして秋名のハチロクにではなく、池谷宛に挑戦状を残して去っていった。
彼女の名は桂木美香。かつて秋名スピードスターズと共に秋名山を攻めていた走り屋だった…。
よき先輩、そして健二にとっては憧れの女性だった美香。
彼女との出会い、そして別れ―。
二年の月日を経て、再び山へ戻ってきた彼女の真意とは?
少し甘酸っぱい、青春の物語が始まる。


□ 秋名スピードスターズの歴史が語られる。
頭文字Dの原作でも、個々の走り屋が走り出したきっかけや、チームが誕生した経緯までを踏み込んで語ることは少ないのですが、このドラマCDで秋名スピードスターズの生い立ちが見えてきます。
大したネタバレではないと思うので書いてしまいますが、創始者となるのは現在でもトップに立つ池谷と健二の二人です。
そもそもは二人で練習しながら始めたチームだったそうで、美香と出会ったばかりの頃は健二がようやくドリフトを決める事が出来るようになった時期だったようで、たまたま走りかかった他車にも道を譲っているくらいでした。
美香はチームへは加入していないものの、初期はずっと一緒に走っていたそうで、まだまだ素人だった二人がチームらしくメンバーを集めることが出来たのは、女性ながらに高い運転技術を誇った彼女の功績も大きかったのかもしれません。
ちなみにアニメ版のチームステッカーをデザインしたのも彼女でした。

□ 感想
動画…せめてイラストの無いレース漫画なんて!と思いながら聴いたドラマCDですが、意外と音も良くって楽しめました。
物語の大半が池谷の回想による語り口調なので、出会いなどの細かい話も十分に伝わってきます。
ただ、最後のレースの部分だけは勝敗以外はよく判らなかったです…。
原作で色恋沙汰のあった池谷に対して、未だに苗字さえ出てこない健二にスポットを当てているのも面白いですね。
主要登場人物からは申し訳程度の拓海が多少喋るのと、樹がちょこちょこと顔(口?)を出す以外は、ほぼ三名のみで展開されるので、そちらを目的で買う人は要注意です。
個人的にはこの続きに、凄く期待したいですね!
ちなみに桂木美香の車はCDジャケットにもある通り、ユーノスロードスターの前期型、NA6Cです。

何故か恋の実らない頭文字Dの、甘酸っぱい番外編でした。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.