About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
デジカメ上手になる/伊奈拓哉(上手になる本シリーズ)
コンパクトデジタルカメラ(以下、コンデジ)で上手に撮影する方法をまとめた一冊です。

僕はデジタル一眼レフカメラ(以下、デジ一)のユーザーなのですが、最近は上さんの携帯電話のカメラの機能の高さに驚かされました。
顔の位置を自動的に認識したり、ピント合わせも僕よりよっぽど上手いんじゃないかというレベルで、このまま進化を続ければコンデジがデジ一を超える日はそう遠くないんじゃないかとさえ思います。

元々コンデジはカメラのヘビーユーザー向けではない事や、手軽さを売りにしている事等から、オートの機能が豊富に揃っています。
なので撮影するときにシャッタースピードやら絞り、ISO…と小難しい設定をせずとも、メニュー一覧から撮影したいシチュエーションにあったものを選べばいいわけです。
それにもう少しだけマニュアルの設定の仕方を覚えたら、もっと上手に撮れますよ…というのが、この本の趣旨。
できるだけオートで撮影し、もう少し足りない部分は自分で設定してみましょうよというものなので、説明が実にシンプルです。
夜景の撮影に関する説明にしても、夜景モードなどは基本的に三脚などで固定せずには使えないモードなので、コンデジユーザーは三脚を持ち歩かないだろうからという割り切りで行われています。
…まぁ、せっかくカメラはコンパクトにしたのに、ばかでかい三脚を持ち歩く人はいないわなぁ(笑)。

とはいえ、同じカメラの設定なので…意外と、コンデジユーザーのみならずデジ一の初心者でも十分に勉強になる一冊なのではないかなと思います。
ちょっとしたコツで写真の雰囲気はがらりと変わるものです。

最近少しこなれてきたのか、自分の中でこういうシチュエーションではこの設定で撮影する…なんて決め込んでいたりする部分もあって、それはそれでそれなりに(それ三段論法!)撮影はできているのですが、そもそもカメラはこうやって色々な方法を試しながら、奇跡のように出会うぴったりの設定を探す遊びなんだなぁと、妙に初心に立ち戻ることができました。
コンデジのユーザーの方はオートだけ、もしくはオートのモードをいくつか使うのみで撮影するという方も多いのかもしれませんが、構図や撮影上のちょっとしたコツなどもありますし、いくらか設定を自分で作ってみるといっても、やってみれば笑えるほど簡単な事ばかりです。
でも今のコンデジの実力からすると、この本に書いてあることを全て実践できれば相当な出来の写真が撮影できると思います。
もう少し撮れたらいいのになぁ…なんて思う人は、ぜひ手にとって見てください。


テーマ:今日のイチオシ☆ - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1104-177f0c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記