本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

勝ち抜く力を身につけろ/山形琢也
この本で紹介しているのは、実はとてもシンプルなことです。

自分の内面、行動、周囲に対する考え方―この三つを改めて見つめ直し、改善していくことです。

失敗し続けている時は、凄く改善という言葉が頭にあります。
今が駄目だから、どうにかしなくちゃいけないと、このまままじゃ出世に響くとか、怒られ続けるとか、必死です。
でもある程度落ち着いてくると、別に必死に改善しなくても怒られたり嫌な思いはしないし、どうにかなってるんだからいいかなーなんて。

著者は冒頭でゆでガエルの話しでそれを警告します。
(ゆでガエルとは、蛙を温度の高いお湯に入れると慌てて逃げ出すのに対し、蛙を入れた温度の低い水を徐々に暖めていくと温度変化に気づけず死んでしまうという話しで、状況に対応することの大切さや、徐々に変わっていく状況を見極めることが難しいという教訓のような話しです。実際に蛙がそういう動きをするかどうかは知りません)

自分で自分を許してしまうことは間々あることです。
これくらいでいいやと、何となく着地点を決めてしまうことも間々あります。

そんな自分に気づいたときは、この本で自分自身を育てていくことの大切さを再認識してみようと思います。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.