本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

マジで怖い[職場の奇病]症例集/SPA!編集部
電子書籍ならではの内容?
職場人が陥り易い病気の症状を紹介した本です。

…といっても、SPA!なんだから真面目に医学を考えた内容ではないのは当然。
2か月間徹夜でPCに向かっていたら両腕を脱臼なんて笑えないようなものから、上司の机のほうに面した側だけ髪がハゲたなんて、ちょっと信じられないような事例まで、とにかく滅多に聞かないような症状が揃っています。

職場の奇病という言葉からも読み取れる通り、心の問題なんでしょうね。
自分ではこなしている、耐えているつもりでも体は正直に反応してしまう。

でも僕にも危険な?兆候があって、実は胸ポケットの携帯が小刻みに震えている感じがするという症状には少し共感してしまいました。
忙しい時期になると電話が鳴っている状況が当たり前に感じられ、日常で電話に良く似た音が少しでもすると電話だ!と思い込んでしまったり、ポケットの中の携帯が少し動いて振動モードのような感触が伝わってくると、マナーモードにしていない時でも電話か!?とポケットに手を突っ込んでしまいます。
やばいですねー、ちょっと気をつけねば(笑)。

でも症状の一つ一つは本当は笑えないことばかりなんですよね。
会社は人事評価はしてくれても心の診察はしてくれないし、能力に応じてお金の面倒は見てくれても心の風通しにはノータッチです。
こういう症状が出る前に、自分自身で自分を整えていきたいものですね。

※この本はSharp Space Townブックスさんで購入させていただきました。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.