About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
プロジェクトX 巨大台風から日本を守れ/富士山頂・男たちは命をかけた
よく山などに大きな建物があるのを見ると、良くこんなところに建てたなぁと思ったりしますし、その作業は大変なんだろうなぁと考えたりします。
今回はその最たる建造物であった富士山レーダーの建造にまつわるお話しを読んでみました。

富士山レーダー建造前の日本では台風に関しては米軍が日に四回直接入って調べてくる情報に依存するか、僅か300kmの距離しか探知できないレーダー(平地に設置された為に地球の湾曲の影響からその程度の距離しか探知できない)しかありませんでした。
狩野川台風、伊勢湾台風と二年続いて大きな台風被害が出たこともあり、より正確な台風情報の掌握が求められていました。

富士山頂へレーダーを作ったのは、より探知距離を伸ばすために電波の発射地点を高くすれば良いという事が理由です。
そう書いてしまえば単純な『富士山頂のレーダー』。

しかしコレを作るのは本当に大変だったそうです。
地面を掘るだけでも、硬い永久凍土に阻まれ、尚且つ高山病に苦しみながらの作業だったそうです。
また作ったレドーム(アンテナを保護するための設備)はヘリコプターで空中から下ろされるというのも、高所だからこその難問だったのでしょう。
今は気象衛星にその役割を譲ったものの、長きに渡り日本を台風の被害から守ってきた功績はIEEEマイルストーン(電気・電子分野で25年以上に渡って評価され続けてきたものに与えられる賞)として認められたそうです。

やっぱり、高いところに物を作るって言うのは、すっごいんだなぁ…。
そんな風に思いました。


テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1080-db8b736c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記