About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
フルメタル・パニック!戦うボーイ・ミーツ・ガール/賀東 招二
ハリウッドで映画化の企画まで出たという噂を聞いたフルメタル・パニック!を遅まきながら読んでみました。
本編たる長編の方は先日完結したばかりとの事で、本当に遅まきながらなのですが…とりあえず読んでみました。
…なんだろう、最近無意識に読んだ作品がニアミスで終わってるとか多い気がする。

□ あらすじ
全ての国家から中立な立場を取ることで平和維持活動を続ける傭兵組織ミスリル。
そこに属する者たちは、世界の基準から10年は進んでいるとされる技術で、アーム・スレイブ(AS)と呼ばれる人型の平気などを中心に操り世界中の抗争を潰す活動に従事している。
そんな彼らの新たな任務として登場したのが生来、現代科学をも超越するような知識を備えていると言われる『ウィスパード』と呼ばれる人間の保護だった。
そのウィスパードの候補の一人、日本の女子高校生『千鳥かなめ』を守るため、ミスリルに所属する軍曹で、年齢などもちょうど同じぐらいに当たる相良宗介が彼女の同級生として学校に侵入して保護活動をする事になった。
これまでずっと戦場で育ち、生命の危機と隣り合わせに暮らしてきた彼は、日本の常識や平和な世界に馴染めず失敗ばかりを繰り返していた。
学校での手荷物検査の際には『これから地下室にでも連行され、きびしい尋問にかけられるのか……』とさえ思ってしまうような生粋の傭兵だった彼は、それでも不器用ながら千鳥の傍で任務を必死にこなそうとする。
そんなある日、修学旅行へ向かう途中の飛行機の中で事件が起こった。
飛行機がハイジャックされてしまったのだった…。


□ SFの玄人と素人と。
とにかくSFマニアなんだろうなと思わされるのが賀東さんのSFへ対する造詣の深さです。
設定の一つ一つが細かく作られているのがよく判ります。
そこでマニアックに走りぬいてしまうのも一つなのでしょうが、この作品においては全くの素人である千鳥かなめという存在が良い役割を果たしてくれます。専門の兵器の印象や挙動なども彼女の目というフィルターを通して判り易く解説されます。
物語の中でも玄人と素人の会話は良い味を出しています。
凄腕の傭兵の彼も、日本の学校の中にいる分には『一般常識を覚えなさい、常識を!!』と叱られてしまう存在なのですから…。

□ 感想
ある特定の空間で生活をしてきた者を、全く別の…たとえばこの作品で実行しているように日本であったり、その逆に日本から文明の無い場所で生活をさせてみたりという手法自体は古典的な手法で目新しいものは無いと思うのですが、この作品を見ていると、それでいながら古典的手法の焼き増しと言う感じはしませんでした。
それは、もしかすると僕たち日本人の間に自分たちが平和ボケをしているのではないかという危機感のような自覚があるからなのかもしれません。
どちらが常識的なのだろう…ではなく、どちらも常識的ではないのかもしれません。
千鳥かなめを中心とする日本の学校のメンバーは平和に浸りすぎているし、きっと宗介を始めとするミスリルの面々は戦争に浸りすぎている。
でもそんな二者がお互いの価値観を通じて、徐々にお互いを理解していくと言うのは大切な事だなと感じました。
千鳥かなめは勝つための戦略を考えたし、宗介は任務最優先ばかりではなく一緒に帰りたいと願った。

現在の日本の価値観は完璧なものでしょうか?
頭ごなしに異文化を否定してはいないでしょうか?

お互いの文化を当然だと思わずに、思い切って交流することの大切さが伝わってくる作品でした。


テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1070-299b4ddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記