本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

Poketa 倉敷・岡山
最近遠方から来る人に岡山の案内をするという機会がありました。
そこで定番ではあるのですが、倉敷の美観地区の散策でもして…ということになったので購入したのがこの本です。

ポケットサイズという言葉は、時にいったいどれだけの大きさのポケットを想定しとんねん!と言いたくなるくらい多種な大きさになりますが、こちらは冬場なら上着のポケット可、夏場でもかばんの取りやすいところに忍ばせておくくらいは余裕という、結構現実味のある手のひらくらいの大きさの本です。
このサイズとなると一つ一つの情報量を割愛して広く浅く紹介したり、文章が中心の解説になったりしがちなのですが、この本の内容は小さくなっているだけで、文章と写真の量は他の観光情報誌と変わらないのです。
何を食べたいか決めるときや、特定の建物を探すとき…。
写真というのは非常に大切なポイントです。
それが手の平サイズの本で損なわれず携帯できるのですから、非常に便利です。
道案内をしながらページをめくって解説してみたり、こんなものがあるんだよーと写真を見せてみたり。
いい戦力になってくれました♪

ただし厚みを削った影響でページ数は少なく、タイトルは倉敷・岡山となっているものの、倉敷は美観地区のみ、岡山は後楽園やカルチャーゾーンのエリアのみに絞られています。
この本で観光できるのはせいぜい日帰りくらいかもしれません。

それを割り切れれば、600円という価格設定も含めて非常に魅力的な一冊です。




※もしこの本を活用して旅行をするなら、岡山~広島、香川と他県のものとそろえてみるのもいいかも♪


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.