本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


08月 | 2014年09月 | 10月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

丑三つの村/西村 望
あの頃映画 「丑三つの村」 [DVD]
以前にも関連著書を読んだ、津山三十人殺しこと、津山事件をモデルに作られた『丑三つの村』を観てみました。

これは小説が原作で、映画化もされた作品ですね。
説は西村 望さんの初期の作品です。
今回は映画をメインで。

 あらすじ
主人公はある農村部で暮らす1人の青年です。
村の中では秀才として知られ、将来を嘱望されていました。
しかし時代は、戦時中。
彼も1人の男して、戦争に行き、お国の為になるというのが夢でした。
やがて迎えた徴兵検査の日、彼は自分が当時の不治の病である結核に侵されていることを知ります。
そして兵隊になる夢も破れ、村の習慣であった夜這いをした相手や村民からも病気ゆえに疎まれ、やがて恋仲にあった幼馴染も離れていってしまいました。

全てを失った彼は、鬼となり、自らの戦場へと向かう決意をする。
―自分を裏切った人々を、殺してしまうという戦いへ

 実際の事件との差異
ストーリー自体はかなり実際の事件と準拠した内容になっています。
村の習慣や、当時の不治の病へ対する差別…。
勿論、主人公のゆがんだ考え方もあいまってのことですが、事件のきっかけとなる部分も共通しています。
多少の違いとしては、まず姉の存在です。
物語中に姉は登場しませんが、近い存在として幼い頃から一緒に育ってきた『やすよ』が登場します。
病気ゆえに結ばれる事は叶わず、結婚で村の外へ出て行ってしまうものの、主人公の一番の理解者としての存在感は、恐らく彼女が姉の代わりだったのだと想われます。
また二人の淡い恋心は村民の多くを惨殺する主人公へ多少の同情をもたらす効果もあるものと想います。

 感想
とにかくキャストが豪華です。
濡れ場も多くて、時代柄もあるのでしょうが、こんな名前のある女優さんが、こんなシーンを…!と、感動してしまいました。
主人公は亡くなられた古尾谷雅人さん、ヒロインは田中美佐子さん、村の女性に五月みどりさん、大場久美子さん、池波志乃さんといった面々が揃います。
お母さん役は、80年代の老け役といえばこの人!というくらいインパクトの強い原 泉さんです。

物語りも良い感じに仕上がっていました。
時間的な制限もあるのでしょうが、殺戮に至るまでの経緯が、少し軽めにも感じました。
ただ、当時の世相もあって、どうしようもなく追い詰められ、事件に至ってしまったという流れは痛々しいくらい、よく伝わりましt。
もし時代さえ違えば、この作品は主人公とやすよの、淡い恋愛物語にだってなっていたのに。

こういう作品をただサスペンスであるとか、事件を伝えるものだけとしてみるのではなく、教訓として活かしていく事も大切だなと想いました。
どんなに追い詰められても、人を殺すのは過ちです。
だけど、周りの人々も、相手を追い詰めないことだって、同じくらい大切な事なんです。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
笠岡界隈ぶらり散策/ぶらり笠岡友の会
笠岡市は余り行ったことがない町で、干拓やカブトガニのイメージくらいしかなかったので、ちょっと勉強してみよう!と思い立ち、『笠岡界隈ぶらり散策』という本を読んでみました。

 どんな本?
総勢7名の方がそれぞれの視点から笠岡を散策してきたエッセー集です。
大きくは、普通の散策、人物に関する記述、商店街、商店といったわけ方になっています。
人物のところに関しては散策ではなく歴史的事実のみが記載されています。
お店については、執筆者のお勧めのお店といった感じです。
岡山文庫のこうした本は、寺社が中心になりがちですが、この本も寺社は多いものの、それぞれの地域の町並みや特徴などもよく紹介されていて、笠岡市を広く浅く知るのには非常に適した一冊だと思います。


 感想
こういう本を読むと、行ってみたくなりますね(笑)。
岡山文庫を読む方の多くは県内の方でしょうから、行ってみたくなったら是非いって見ましょう!
お店の事なども紹介されているので、この本をガイドブックに一日笠岡三昧だって出来ます。

一つ難点を挙げるとすれば、この本はまとまりが無い…かも。
著者によって文章のまとめ方が異なるんですね。
別にそれで何かが困るというわけではないのですが、ボクは比較的本を読むのが早くて、一気に読んでしまうので、そうすると、なんだか落ち着きが無いというか、統一感の無いような印象を受けてしまいました。

勿論、それも執筆した方それぞれの個性が出ていて面白いと思うのも、アリですね♪




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.