本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


02月 | 2014年03月 | 04月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
機動新世紀ガンダムX 上巻、下巻/ときた洸一
機動新世紀ガンダムXの漫画版を読んでみました。

原作となるアニメ版は、僕個人としては世間の評価ほど嫌いではありませんでしたが、世間的な評価は厳しいのか余り外伝などもないようで、今回はコミック版を読んでみました。

□ どんな本?
アニメ版のストーリーを概ね忠実に漫画化したものです。
ただし上下の二巻にまとめているので、内容はところどころで端折られています。
例えば物語の中心はアニメ作品以上にガロード・ラン、ティファ・アディールに絞られています。
アニメ版では準主役くらいの活躍を見せるジャミル・ニートに関する部分はかなり削られていますし、ウィッツ・スーやロアビィ・ロイといったガンダムパイロットは本当に脇役になっており、彼らに関するエピソードはほぼ皆無です。
またガロードとティファは出会った瞬間から運命の出会いかというほどのインパクトになっています。
ティファがニュータイプの能力を喪失するのも、意外とアッサリ。
アニメ版を知らないと、ちょっと飲み込みにくいかなぁとも感じましたが、後半で急遽放送回数が削られて慌しい展開になった原作を思えば、両方とも見るくらいが良いバランスなのかなと感じました。

□ イラスト
著者のときた洸一さんはガンダムのデザインや、ガンプラのパッケージ、そしてガンダムX以外の漫画も多く手がけているので、抜群です。
キャラクターのイラストも原作との違和感は少ないと思います。
寧ろ良い感じです。
個人的にはガロードの声が苦手だったのですが、その分良かったかも。
ガンダムXの物語は苦手でも機体は好きだという方は多いと思うので、そういう方は手にとって見ては如何でしょう♪

□ 感想
コミック版で二冊なのであっという間に読み終わりました。
Xのコンセプトはガンダムを考えるガンダムだと言われていました。
アニメ版もみて、コミックも読んでみて、じゃぁそれって何だったんだろう?って思うのです。
ガンダムと言うよりは、ニュータイプを考えていたような…。
D.O.M.Eはそれを否定しており、人のあるべき姿としてニュータイプ能力を持たないガロードを指名しました。
物事の展開を予見できてしまうが故に、その未来に従順に生きようとする人々に対し、好きな女の子を守りたいという衝動でガンダムを操縦するガロード。
僕自身、答えがどうあるべきなのか良く判らないのですが、ガンダムシリーズ、特に宇宙世紀ですね。
ニュータイプだから戦うんじゃなくて、戦う理由、守りたいもの、それぞれの気持ちを動かす何かがあるからこそ戦うべきなのだというのがその答えなのかな、と。
その端的な描写として、ガロードが人工ニュータイプであるカリスに打ち勝ち、ティファがもう一緒に居られなくなると感じたことを否定して見せたのかな、と。
テーマに沿って考えるのは難しいですが、それぞれにガンダムについて考える契機になる作品だと思います。


スポンサーサイト


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
名探偵ホームズ1 彼がうわさの名探偵
ずっと気になっていて、今まで見れなかったホームズ作品…。
『名探偵ホームズ』を思い切って観てみました。

ご存知の方も多い事でしょう。
一部作品では宮崎 駿さんが監督を務められている事でも知られる、ホームズの登場人物を犬にして作られたアニメ作品です。
対象年齢が低めのような気がしていて、躊躇していたのですがDVD BOXがアマゾンで安くなっていた事や、そのレビューを見ていて大人でも楽しめそうな気がしてきたので、購入しました。

□ あらすじ
第一回目はホームズとワトソンの出会いを描いた作品です。
原作では『緋色の研究』においてそれぞれに下宿先を探していた事から、共通の知人に家賃の折半をしてはどうかと紹介された二人でしたが、本作では事件の舞台となる船上で出会った事になっています。
海賊船に追われる一人の乗客。
彼自身もかつてその海賊の一味として暗躍していた。
海賊たちは彼を裏切り者とみなし、死の宣告を意味するサメの牙を送りつけてきていたのだった…。

□ ホームズ?
作品の概要やレビューなどを見た限りの感想ですが、この作品は名探偵のホームズと、その相棒であるワトソン、そしてスコットランドヤードといった設定自体は間借りしているものの、贋作ホームズと呼べるほどには原作の内容を意識していたり、そのまま利用したりといった部分もありません。
本作においても、例えば四人が署名した手紙が登場したり、ホームズが海賊船に追われている乗客の事を言い当てて驚かせて相手を寝込ませてしまうといったグロリア・スコット号を思わせるシーンなどが登場するのですが、基本的には推理などで事件を解決するのではなく、冒険活劇のような展開です。
子供でも見れる作品なので当然と言えば当然ですが、過度の期待は禁物といったところでしょうか。

□ 感想
最近はホームズ作品から少し離れていたので、やっぱりどんな形であれホームズが好きだなぁと再認識しました(笑)。
余り原作からの引用部分は無いようですが、それでも細かい部分をつついて原作からきているような部分を見つけ出すのがシャーロッキアンでしょうO(≧∇≦)O
子供向けのアクション的な要素が多いのはやむを得ませんが、ホームズもワトソンもそれぞれの個性を上手くデフォルメしたキャラクターになっていると思うので、そこそこ楽しめました。
人ではなく犬というのが、初めて見るまでの一番の抵抗でしたが、見た限りでは割りと平気でした。
どうせ人間にしても、シドニー・パジェットの雰囲気とは違うとか、何かしら出てきそうですしね♪
食わず嫌いの方は、是非どうぞ♪





もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
岡山おもしろウオッチング/おかやま路上観察学会
以前、『岡山の路上観察』という本を読んだときに、もしかして続編なのかなと思っていた本、『岡山おもしろウオッチング』を読んでみました。
『岡山の路上観察』とコンセプトも同じですし、著者の顔ぶれも共通している部分があるのでそう思ってもいいのかな?

□ どんな本?
いわゆる『考現学』の本です。
街中を観察して、看板や掲示、町並みなどから面白いものを見つける本です。
前半は、時代の流れの中で不要になって中途半端に残されている建物の遺物を楽しむ『トマソン』を紹介したもので、後半は宝島の『VOW』のような、街角にあるちょっと面白い解釈が出来るような風景などを紹介しています。
VOWほどジョークに走ってはいませんが、『岡山文庫』の作品としては、かなり異色の作品でしょう。
勿論、紹介されているのは岡山県内で、主に岡山市と倉敷市が中心になっています。

□ 感想
見て楽しむのも一興ですし、前作のときにも同じような感想を持ちましたが、何気ない町並みをただ表面的に見て終わらせるのではなくて、何か面白いものは無いかなと関心を持ってみたり、目に入ってきた風景に何かを気付いたり。
そういう観点を養うためにも面白い一冊です。
一冊は写真も多いので小位置時間もあれば充分に読み終われるくらいのボリュームなのですが、上手く読んでいくと、残りの一生の散歩や、ちょっとした移動全てが楽しめるようになるような、そんな可能性のある一冊だと思います。

今の時代ですから、ちょっとした移動のときにも携帯電話などで最新のニュースやエンターテイメントを楽しむ事も出来ますが、目に入る風景をもっと大切に、楽しんでいきたいと思いました。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。