About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


01月 | 2013年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
上海氏の蒐集品/横溝正史
幻の『死仮面』と同時収録が横溝正史さんの絶筆!という事で楽しみに読んでみました。

…で、唐突なのですが。
横溝正史さんの絶筆と思って読んでいたのですが、よく調べてみると絶筆ではなくて未発表のままにされていた作品というのが正しいようで、書かれた時期は昭和40年代と推測されていました。
横溝正史さんは昭和56年にお亡くなりになったので、絶筆ではないですねー。
寧ろ人気低迷期の作品ですね。

この作品は金田一耕助などのシリーズではなく、単発の作品です。
主人公は戦争で記憶を失った上海太郎氏。
この名前も自分の名前さえも覚えておらず、仮に与えられたものです。
彼は絵を描くのが得意だったので画家として生活していた。
そこである少女と出会った彼は、徐々に変化していく町並み、そして彼女と母である未亡人の生活の変化を見つめ続けるのだった…。


この作品を見て感じたのは、社会派の作品だなーという事です。
前述の低迷期は社会派のブームに押されてのものだったと聞きますが、横溝正史さんも時流に乗った作品を作られたということなのでしょうか。
一応、推理小説に分類されるものですがトリックやシチュエーションの特異性で描くものではなく、犯罪に至った人々の心理状態などが中心に描かれている点で、他の作品と少し毛色が違う感じがある作品だと思います。

ただ最後のどんでん返しは、横溝正史さんらしい感じがしますね。



テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
死仮面/横溝正史
金田一耕助シリーズの岡山編から、死仮面を読んでみました。
岡山編とは言うものの、『八つ墓村』の事件を解決した金田一耕助が挨拶しに行っていた磯川警部から聞かされた岡山の事件が発端となる、ほぼ東京を舞台とした殺人事件です。

□ あらすじ
ある男の、行きずりの女性との出会いと悲しい別れが記された供述書から事件は始まります。
彫刻家の男は体調を崩していた女性を自らの家に連れて帰り、看病をしてやっている内に深い関係となった。
しかし女性はそのまま死んでしまうのだが、最後に自分のデスマスクを作り、東京へ送って欲しいと願ったのである。
男性はその願い通りにしてやったのだが、死体をそのまま家に置き続けたのでやがて事件となった。
警察は彼を逮捕しようとしたが、旭川に飛び込んでそのまま行方不明になってしまったのだった…。
そして東京で、そのデスマスクを受け取った家族の下には異変が起こっていた。
殺人、そしてもう無い筈のデスマスクが再び送られてきたのであった…。


□ 幻の作品
この死仮面は作品上の設定と同様に八つ墓村と同時期に連載されていた作品なのだそうです。
しかし書籍化はされないまま、横溝正史さんの晩年から収集が行われ、死後にようやく単行本になったのだそうです。
ただし要注意なのは、この死仮面は二つあるのです。
一つは完全オリジナルの横溝正史さんの作品で、もう一つは最初に作品を確認した際に見つからなかった連載時の第四回分の部分を、別の方が書いたものです。
もう一つはその後に見つかったオリジナルの第四回分を入れて作られた完全版ともいえるものです。
今回僕が読んだのは角川文庫から出た方で、読んだ後で知ったのですがこちらは前者の欠けた部分を作り直したバージョンです。
ちょっとがっかりしましたが、実はもう一つ『上海氏の蒐集品』という作品が収録されています。
こちらは横溝正史さん、最後の作品なのだとか。
完全版となる死仮面には収録されていないようなので、ちょっと嬉しいかも(笑)。

□ 感想
発表された当時としては幻の作品という話題性もあったのかもしれませんが、ずっと後から読む僕にとっては読み終わってから、そうなんだと知ったので希少性を知らないまま読みました。
ネットで調べてみたところ発表されなかったのは著者が余り好きではない作品ではなかったという事なのだそうです。
他の作品と比べて特にどうこうという事も無く、横溝正史さんの作品らしい、多少の恐怖や意外性も含み、また第三者から見た金田一耕助のキャラクターと言うのも良く強調されていて面白い作品だと思います。
ただデスマスクはこの作品の肝となるアイテムですが、実はこんなものを作る必要はなかったんじゃないかと思うのですが…どうなのでしょう(笑)。



テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
岡山の路上観察/香川昌久、河原 馨
岡山の路上観察と言う本を読んでみました。

表紙を見るとバス停にくっつけられた『ここにはバスは止まりません。』の表記があります。
この本は考現学の本です。
路上で見かけた謎の風景、面白い看板などを紹介しています。

いわゆるトマソン系の本ですが、多少バウっぽい内容も含まれています。
それが全て岡山、見に行ける!!
…って、興奮しながら読んでいたのですが…。

この本、結構古いんですね。
1988年の本です。
残されている風景、残されていない風景…気をつけて調べないといけなさそうです。

ただこういう本って言うのは、本当は実際に見にいく事よりも、何気ない日常の風景の中から興味を引く何かを見つけ出す観察眼や、そういった意識を持つように心がける事を知る事の方が大切ですよね。
もしこの本に載っているような風景を実際に見たからといっても、日常生活の中に何か面白いことがあるに違いないと言う目がなければ、ただただ過ぎていっていまうだけの風景になってしまいます。

この本から、そういった目線を養いたいですね。
そうすれば自分だけの路上観察の本が出来上がるかもしれません。

※この本、amazonのリンクを探してみたら見つかりませんでした。
もしかして『岡山おもしろウオッチング』という本が、新版なのかなぁと思ってみたりしました。
また機会を見つけて読んでみますね♪




テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
稲川淳二 真夜中のタクシー
僕は怪談話自体はそれほど好きではないですが、稲川淳二さんの怪談はとても好きです。
独特の口調で語られる怪談は、映像化されたものよりも臨場感があって楽しめます。

さて、そんな僕に友人があるゲームを教えてくれました。
それがPSソフト、稲川淳二 真夜中のタクシーです。
…本当は前作に当たる恐怖の屋敷を紹介してもらったのですが、中古品のお店で見つけたのがこちらだったのです。
現在は携帯電話のアプリ以外では出ていないようですが、PS3とか新しいハードでの活躍も見てみたいですね♪

閑話休題。

主人公となるのはプレイヤー自身です。
タクシーの運転手となり、町を流しながらお客様を探します。
そして乗り込んできたお客様から怪談が語られたり、お客様を乗せなかった場合には車内から怪談(のような話)が書かれた手帳などが見つかり、ストーリーが始まります。

このゲームは分類としてはサウンドノベルになるのでしょうが、選択肢も文章も非常に少ないです。
まず選択肢に関しては、3パターン程度です。

町を流していて、お客様を拾うかどうか
主人公は酔っ払いを嫌ったり、疲れていると拾わずに帰ろうか等と考えたりします。
そこで乗車してもらうかどうかの選択肢が出てきます。
乗車してもらうと、乗った乗客(稲川淳二さん本人も含まれます)から怪談話が語られ、乗せなかった場合は車内から忘れ物が出てきて、その内容を確認する形で怪談話が始まります。

お客様から怪談話の感想、意見を求められる
乗車したお客様は漏れなく怪談話を始めます。
多くのお客様は喋るだけ喋ると降りていくのですが、中には感想を求めるお客様がいます。
この感想次第では、主人公が怪談話を聞く立場から体験する立場へと変化していきます。

心霊現象へ対する対処
先述のお客様への感想に対する応え方によっては、自らも心霊現象に巻き込まれます。
この際にどういう対処をするのか…例えば、そのまま黙ってやり過ごすのか、何かしら動いてアクションを取るのかなどで状況が変化します。
…というより、ゲームオーバーになります。

最初に遊んだときは選び方が良かったのか、心霊現象へ巻き込まれたのは1度のみでした。
怪談話の途中での選択肢は全く無いので、殆ど聞いているだけです。
ただの怪談集じゃないかと思って、2巡目を遊ぶ際に選択肢を色々と選んでみたら、ちょこちょこと心霊現象へ巻き込まれることが出来ました。
このゲームを遊ぶ時のポイントは、自分でフラグを立てる事だ!?

またお客様を乗せた場合の怪談は、全てフルボイスです。
テキストになるのは、主人公一人でタクシーを流している際と、お客様を乗せなかった場合の忘れ物による怪談話ですが、全体数がフルボイスに比べて少ないので、一回のプレイの間で遭遇するのはフルボイスの怪談が中心です。
なのでこのゲームは音量は少し大きめに出来る環境が必要です。
後、聞いているだけの時間が長いので、手元にお茶とセンベイ(笑)。

喋るのは稲川淳二さんと、一般のお客様です。
怪談の際は車のバックミラーにお客様の顔が映り、ずっと口をパクパクさせています。
(尚、基本的に画面は運転席に座っている主人公から見える風景へ固定で、バックミラーへ語り部、フロントガラスに挿絵がそれぞれ出てきます)
怪談の数は36種類で、それぞれのコンプ状況の確認を兼ねて既読の怪談は再生する事も可能です。

寝る前にちょっとずつ遊ぶのが楽しかったので、もう一つの方も遊びたいなぁと思っております。




ちなみに稲川淳二さんも含め、実写です。

テーマ:PS1 - ジャンル:ゲーム


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
海洋観光都市玉野ガイドブック
先日、玉野市の図書館で地名の由来を調べていた際に、見つけた本です。
玉野市が作った、玉野市のガイドブックです。

最近の観光用の本なら『ことりっぷ』のようなサイズの本ですが、内容はさすがに玉野市が監修して作っているだけあって、真面目な内容が中心となっています。
…っていうか、ガイドブックと言いながらカラーページどころか、写真さえもごく僅か。
幾つかのスポットと、その歴史に関する記述が中心と読み物なっています。

正直、このガイドブックを読んで玉野市を観光したいとは思わないかも(笑)。
どちらかと言うと、簡単な歴史のエピソードや、市にまつわる伝説が中心です。
たまたま調べたいことが、この本の中に入っていれば、説明も簡略なのでいいかも知れません。

玉野市の図書館では異なる年代の二冊を見つけました。
…が、最近のバージョンは見当たりませんでした。
現存しない施設も混じっていたりするので、是非とも新しいバージョンに期待したいですね(^ー^* )

※恐らく非売品です。
興味がある方は玉野市の図書館へどうぞ。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
岡山ぶらり散策
岡山文庫でシリーズ化されている『○○ぶらり散策』から、岡山ぶらり散策を読んでみました。

この本、昨今出ているのは○○の部分が特定の地域になっていて、限られた範囲を散策しているのですが、この本は恐らく最初の『ぶらり散策』のようで、県内全域をぶらりとしています。
なので決して岡山市をぶらり散策しているわけではないので要注意です。

県内全域の散策に適した自然道を歩いて2~3ページくらいに纏めてあります。
気楽な散策で、小難しい解説はありません。
○○ではないか…みたいな表現に留まっているのも、肩に力の入らない散策らしくていいのではないでしょうか。

なので気軽に自分が歩いてみたい道を探すのに読むのには、良い感じです。
反面、岡山文庫にありがちな専門性を求めるのであれば、別の本がいいかもしれません。
著者は建築デザイナーの河原 馨さん。
建築に関する話題でも、本を書いている方です。



テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
怪盗レトン/ジョルジュ・シムノン
シムノンの代表作、メグレ警部シリーズの第一作目を読んでみました。
以前に短編集では読んだことがあったのですが、長編は初めてです。
『怪盗レトン』はシリーズ第一作目の記念すべき作品です。

メグレは国際犯罪組織のボス、ピートル・レ・レトンを捕らえるべく、北極星号を見張っていた。
首尾よく人相書きの男を見つけたが、北極星号の車内で何か騒ぎが起こっていた。
中に入ってみると、なんと全く同じ風貌のピートルそのものなのである。
列車から降り立ったピートル、そしてしたいとして発見されたピートル…。
二人のピートルをメグレが追う。


僕はメグレ警部って、ガチガチのハードボイルドのイメージがあったんです。
でも実際のメグレは弱いものには優しく、犯罪者にも誠意を持って対応する人物なんですね。
ラストのシーンでは、酒を飲み交わしながらゆっくりと真犯人の言葉を聞いてあげる姿が見えます。
勿論ハードボイルドな魅力や押しの強さもあるものの、その優しさと丁寧さと相俟って乱暴な感じが殆どありません。

同僚の死に心を痛め、ストーブと妻をこよなく愛する。
そんな人情派の刑事物でした。



テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
岡山人じゃが2009/岡山ペンクラブ
倉敷チボリ公園のことを調べていて、見つけた本を読んでみました。

岡山人じゃが』は、元々は県民性といった言葉が本やテレビで話題になっていた頃に、一概には言えないんじゃないの?岡山はこう言われているけど、こんな人だっているんだよーっていう感じのコンセプトで出ていた本です。

それがいつの間にか、年に一回発行の岡山専門誌のように変わっていたようですね。
この2009年版の巻頭特集が『倉敷チボリ公園はなぜ閉演に追い込まれたか』です。
歴代のチボリの社長の中ではそんな役回りになった、最後の社長である坂口正行さんの言葉を引用しながら構成されています。
この本の時点では既に事業検証委員会による報告も上がってきていて、リアルタイムに報道されていた状況と比べると、随分と判り易くなっています。
チボリは坂口さんの努力もそうですが、後に岡山市長へ転進した高谷さんの努力などもあって、かなり経営状態は改善しつつありました。
しかし県が倉敷市に頼ろうとして、最終的にはさじを投げてしまう。
そういった流れが詳細に記されています。
読み終わると、いまさらながら本当に閉園でよかったのだろうかと考えさせられてしまいます。

他の特集は五・一五事件の前後関係を探った『五・一五事件への軌跡 それをめぐる新聞論調』、現在の鶴山公園の石垣を保存しようという動きに至るまでのエピソードを綴った『津山城跡の石垣守った旧会津・米沢藩士』、重森三玲さんの少年期を追った『前略 三玲の少年時代ですが』、ロシアの社会主義革命化である片山 潜さんの家族にスポットを当てた『革命家の娘たち』、作家・横溝正史さんの金田一シリーズの岡山編から、、著者の岡山弁の精通度を探る『横溝正史はどこまで岡山弁に堪能だったか?』、吉備人出版の社長である山川隆之さんが尊敬される岡山の地域出版のお二方を紹介した『手帖舎・岸本 徹さんと装丁家・宮園 洋さんのこと』が収録されています。



テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
玉野市の地名と由来/河合康夫
まさに玉野市の図書館で見つけた一冊です。

僕は個人的に地名の由来を調べるのが好きなので、読んでみました。

この本は河合康夫さんが個人的に作られた本のようです。
発行者もご本人で、印刷をしたのも玉野市内の業者さんです。
昭和58年に出された本で、図書館の判子によると河合康夫さんが寄贈したものとの事で、恐らく学校や図書館などに寄贈する以外の目的では流通していないのではないでしょうか。
一冊は貸し出し禁止で、まぁまぁの保存状態でしたが、もう一冊は貸し出し可になっていてかなり状態が悪くなっていました。
こういった本って、本当に大切にしないといけないですよね。

閑話休題。

この本は玉野と、一部近隣の旧児島湾界隈の地名なども紹介されています。
一つ難点だったのは、170ページ強ある本一冊の大半が玉野市の地名に占められている事もあって、小字が非常に多いのです。
住所表記の玉野市○○の部分までなら、なんとなく場所も判ったりするのですが…。
一応、地域は細かく分けられていて、その中で紹介されているのですが、実際にどの辺りの事なのかが判らない。
そういった事に詳しい方が読んで初めて需要と供給が合致する本なのでしょう。

商業ベースで出すのは確かに難しい一冊ですよね。
でも、それだけに河合康夫さんの情熱を感じてしまいます。
きっとこういう事は、何かの形で残そうとしないと徐々に薄れていってしまうかもしれない。
だから、残さないといけないっていう、そういった使命感のようなものが、この本を作る契機になったのではないかなと邪推してみました。

多少は知っている地名もありましたし、地名とその由来だけでも充分に楽しめる一冊でした。


※一応、アマゾンで検索してみたら、ページはありましたが在庫はありませんでした。
非売品になっている本なので、購入は難しいかも…。
一応、玉野市立図書館で二冊はあるので、読みたい方は行ってみてはいかがでしょう♪

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。

ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記