About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
バイクツーリング パーフェクトマニュアル/学研ムック
楽天のポイントがあまったので、KOBOでバイクのツーリングの本を読んでみました。

 どんな本?
パーフェクトマニュアルとはありますが、こういう本は概ね初心者向けの内容です。
この本も例に漏れず、初めてのツーリング向けの本です。

ツーリング中のちょっとしたコツ、トラブルへの対策、ウェアやバッグなどの装備類。
どんな事が起こるのか、どんな装備があれば安心なのか。
そういった事を解説している本です。
他にツーリングの名所や、バイクの紹介も含まれています。

 感想
前述の通り、ある程度でもツーリングをしている方には余り目新しい部分はないと思います。
ツーリングのお勧めスポットも定番のスポットが揃っている感じです。

レベルで言えば、初めてのツーリングに行く前…というよりは、教習所に通いながらツーリングを楽しみにしているくらいの時期に読むのが最適といったところでしょうか。(※さすがに教習の内容に役立つような事は含まれていません)

僕はポイントが余っていたのと、普段バイクに関する情報にアンテナを張っていないので、新発売のウェアやバッグの情報収集の目的で購入しました。

そういう点では良いですね。

後、この本は恐らく紙媒体で発売された際に、事故などをした際の為に緊急連絡先などを書ける小冊子が着いていたのだと思います。
電子化されていますが、それもついています。
電子書籍だとほぼ無意味のオマケになってしまいますが、一緒につけてくれていること自体が嬉しいですね(^^)


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
フルオートでしか洗濯できない人の 男の家事/五藤隆介
男性の家事分担は、恐らくもう当たり前になってきているのではないでしょうか。
まだ奥様にまかせっきり…という人には、こんな本がお勧めです。

 どんな本?
タイトルにある通り、家事の本です。
男性がたまに家事を手伝っても、余り奥さんに感謝されなかった…。
そんな体験はありませんか?

その時に読んでおきたいのがこの本です。

タイトルにある洗濯を例にとれば、例えば一緒に洗うものは無いのか?
大きい・長いなどで絡まるものがあればネットに入れる、ひどい汚れ物は避けておく…などの、家事の+アルファが説明された本です。

 感想
この本は家事分担をするだんなさんと言うよりは、一人暮らしを始める人向けなのではないかなと思います。
家事のコツ、注意を払うべきポイントという点では役立つと思います。

ただ、家庭ってそれだけではダメなんですよね。
いわゆるローカルルールがあります。
言ってしまえば、普段洗濯をしているのが奥さんなら、奥さんの決め事です。
どれだけ上手く家事をこなしても、そこが守られていなければ、きっと奥さんは喜ばない。

普段は手伝わないまでも、そういうったルールをきちんと把握できている…、そういう夫婦関係でありたいものですね。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
日本の領土 離島が危ない!
尖閣諸島などの問題もあって、島と言うのは国際問題になるんだなぁと思っていた時に、電子書籍でちょうどそれらしいタイトルを見かけたので呼んで見ました。

 どんな本

タ イ ト ル に 偽 り ア リ

以上。

 内容について
この本は色々な島の歴史や伝説について紹介した本です。
はっきり言うと、この本と日本の領土問題は全く無関係ですし、内容を読む限り離島に危険は及んでいません。
唯一、沖ノ島の記事に多少政治がらみの話題がある程度です。

個人的に、民俗学のような本は嫌いではないですし、この本自体も別に面白くないとは思いません。
色々な島の遺跡、習慣、伝説などが手軽に読めるという点ではイイ感じではないでしょうか。

 感想
この本、元々は【知られざる日本 離島の謎】という本です。
奥付にもそう書いてあります。

時事に合わせて、表紙とタイトルを変更してみた…という感じでしょうか
紙の書籍ではすぐにはできない、電子書籍ならではの奇策。

ただもとのタイトルの離島の謎にしても、ちょっと言いすぎです。
本当に日本の離島を紹介しているだけです。
それっぽく、記事のタイトルに血痕のようなマークをつけてみたりしていますが、別に怖い話もありません。

繰り返しになりますが、本自体は面白いと思うんです。
ただタイトルを見ると、どうも騙されたような、面白くない気分が芽生えてくるのです。

※購入は電子書籍のストアで検索してみてください。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。

ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記