本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
スティーブ・ジョブズ全仕事/桑原晃弥
ボクはPCはリナックスユーザーで、マック派ではないです。
寧ろ、それほど好きじゃない部類に入るので、たぶん、退屈な実用性を愛する人間なんだと思います。
さて、そういう話は閑話休題。
それでもスティーヴ・ジョブズさんの製品発表などはCnetなどのサイトでよくチェックしていました。
プレゼンの天才…、マックユーザーではないボクにとって、そんな印象が強かったです。
今回はそんな彼を紹介する本を読んで見ました。

 どんな本?
単純に言えば、スティーヴ・ジョブズさんが生前にした仕事で、ターニングポイントや大きな動きがあった部分に絞り、その決定をどのように行ってきたのかを追いかけた本です。
2~3ページくらいでエピソードの概要が紹介され、その次に判り易くイラストで結論が描かれるというスタイルをとっています。
なので、名言集というには沢山の言葉が紹介されているわけでは無いですし、半生を追いかけた本…というには、抜けている部分が多すぎるでしょう。
ただ、膨大なエピソードを読み漁るよりは端的に、何故そういう発想に行き着くことが出来たのか、何故このような組織を作る事が出来たのか…といった事を読み取る事が出来ます。
恐らくある程度の地位で人を使う立場であったり、まとめないといけない立場にある人や、これから創業を目指しているという方向けの無いようだと思います。
勿論、ジョブズさん自身に興味がある方は満遍なく読んで面白い一冊だと思うのですが、自己啓発の本として読むには、彼はバイタリティにあふれすぎていて、一従業員の立場で実現するのは難しい部分が多々あると思います。
そういった個性を受け入れられるお国柄の有無であるとか、経営者の立場だからこそ可能である事とか、そういった部分が多いと思います。

 感想
やっぱり凄いなーと思います。
スタート地点から物事を考えるのではなく、ゴール地点を見据えて、そこに行くための手段を講じる。
出来るか出来ないかを考えるのではなく、やる事を考える。
その結論の部分が正解だからこそアップルは大企業になったといえばそれまでですが、それをやりきる気持ちがなければ、面白いコンセプトを掲げる中小企業であったり、マニア向けのメーカーとして終わっていたのではないかと思います。

勿論、意固地に言い張るだけでも、組織にはなりえない。
それを凄く上手なバランスでやりきった人。
本人は失敗作を宣伝やプレゼンで素晴らしいもののように見せるのは無理だといった旨の発言をしていますが、失敗作は無理でも、例えなんでもないような機械を夢の機械のように言い切れる力こそが、ジョブズさんの真骨頂だったのではないかと思います。
まぁ、アップル在籍時代の仕事になんでもないような機械が存在しなかったので、実際のところは不明ですが♪

間違いなく、世界でもトップクラスに優れた経営者だったんだなと再認識させられる一冊です。


スポンサーサイト


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
考える原則/鈴木敏文
僕は自己啓発や、ビジネス本を読むときに余り固定の著者にはこだわらないようにしています。
偏らず、色々な考えを知ることも、そういった本を読む目的に合うと思っているからです。
しかし鈴木敏文さんの著書は判り易く、実践しやすいという事もあって何冊も読んでしまいます。

さて、今回はそんな本の中から『考える原則』を読んでみました。

この本のテーマは一歩踏み込んで考えるという事に尽きます。
一歩踏み込むという事はどういう事なのか…といった具体例をセブンイレブンやイトーヨーカドー、デニーズといった系列の会社での実践例を元に解説している本です。

例えばPOS(販売時点情報管理)システム。
セブンイレブンの顧客・販売管理のためのシステムです。
このシステムを通して、死に線の商品、売れ線の商品や、どういった商品がどういった時間帯に、どのような客層に売れているのか…などを割り出すことが出来ます。
どういった商品ラインナップをすればいいのかが判るシステムですね。
日本においてこういった管理はセブンイレブンがさきがけで、現在でもそのシステムは世界最高峰の水準にあると言われています。

しかし、鈴木敏文さんはそのシステムから出てくるデータだけでは、商売が縮小してしまうと警鐘を鳴らします。
売れるものだけをラインアップするのではなく、次に売れるものを模索する事。
本文中では『仮説と検証』という言葉が多用されています。
夏でも暑いものが良く売れる場合もあるし、冬でも氷菓が売れる実績もある。
それは仮説を立てて検証して、実際に切り開いてきた売り方なんですね。元々無いものはどんなシステムにも上がらない。
システムに上がるようにするのは、それぞれの人の仕事なのです。

現状が安定し、システムが優れていればいるほど、中の人は安住の地を求めたがります。
冒険しなくても今は安泰なら、それがいいような気がします。
でもその先には衰退しかないんですよね。
では、例えばどのようにすればいいのか?…その答えが本文中にはいくつもちりばめられています。

販売以外の業態でも充分に応用可能な考えなので、気になった方は是非とも手にとって頂きたい一冊です。
それと同時に、この本ってもしかしてセブンイレブンで働いている人に向けられているような気もするのです。
凄く具体的なんですよね。
OFC(店舗経営相談員)の方のお仕事にまでふれてみたり…。
セブンイレブンで働いている方、お店を構えている方は読んでみて損は無いと思いますよ♪




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
やる気 やるチャンス やる力/高原慶一朗
著名な企業の経営者の方の本を読むのが好きで色々な方の本を読みましたが、どうしてもよく見かける業態の仕事や、僕自身が好きな車関係などに偏りがちだったので、思い切って方向性を変えた、余り知らない業界の方の本を読んでみました。

高原慶一朗さんはユニ・チャームの創業者です。
僕が関係有るのは、今のところペット用品やマスク(あの長く使っても安心な超立体シリーズはこのユニチャームさん♪)など程度ですが、やはりユニ・チャーム社といえば、女性の生理用品や、紙おむつでしょう。
全く知らない業界ですし、話についていけなかったらどうしようと思いつつ読んだのですが、読んでみれば、アメリカでの女性の生理用品の市場を見て、日本でもその需要が育つ事を確信し、事業として始めた著者自身も男です。
やはり若い頃から性別を超えた先見性があったという事なのでしょう。
本を読むことでさえ迷っていた自分が恥ずかしくなりました。

さてこの本ですが、凄く一般的にありそうな『自己啓発本』に近い内容です。
経営者の方の本を読むと、自らの武勇伝などを中心に、だからこういうのが良いんですよという論調のものが多いように思います。
読む側が期待するものもそうですし、既に成功を収められている経営者の経験を踏まえた言葉の重みというものがあるからこそ、色々な経営者の方へ本を書いて欲しいと言う依頼もあるのでしょう。
それに比べると高原さんの書いた内容というのは、きちんと一般論として説明をしています。
また聞き上手である事を重視していると自らも書いてある通り、古今東西の様々な経営者の方々の言葉が引用されていて、一度目を通した後、次は名言集としてもう一度読み返してみても面白いくらいです。
これは生理用品への参入を、講演会でお会いした松下幸之助さんに意見を求めた際、逆に質問攻めにされたという経験からきているのかもしれません。
年下の方や後輩、部下から何かを学ぶと言うのは気恥ずかしい事もありますが、積極的に取り組んでいきたいものですね。

もし多少出てくるユニ・チャーム社の部分を省いてしまえば、この本を書いたのは有名なコンサルタント業や、こういった本を書く専門の方なのではないかと思ってしまう人も多いでしょう。
事実、『ビジネスで成功する100の知恵』というサブタイトル通り、100の項目に分けていたり、凄くそれっぽい雰囲気があります。
とても読みやすく、またご自分を前に前にと出さない人柄が出ているようで、気持ちの良い一冊でした。

さて、この本の中で二度紹介された言葉があります。
勝てる勝負しかするな、勝てる勝負で大勝せよ』です。
マイケル・ポーターさんの考えで、幅広く取り扱うのではなく、自らの得意なジャンルを集中的に攻めてトップを目指す。
だからこそユニ・チャーム社は非常に大きな会社にもかかわらず、僕のような男の消費者の間では、冒頭のように余り知らない企業というイメージを抱きがちなようです。
でもそれはユニ・チャーム社としては今のところ戦略どおりなんですね。
もし将来的に男性に関係する商品で一気に勝負に出てくるようなことがあれば…、その時は、女性の方から『え、あんな有名な会社知らないの?』なんて笑われてしまうのかもしれませんね。

お考えとしては革新的なところも多々見られるのですが、それ以上に保守的なお考えなのかなと思いました。
商品開発において〇から作られるものは余り無いと言い切ったり(革新的な技術を導入にするにしても、現在ある何かを改良する事が殆どだとする考え方です)、先述の勝てる勝負…という考え方もそうですよね。
その半面で意思決定などのスピーディさに対するこだわりは非常に強くお持ちです。
なんとなく、穏やかな雰囲気の反面、勝負に出るなら絶対に勝つ、しかも圧勝で!という、凄く強い部分もあるんだろうなと思わされる、僕が今まで見てきた著名な企業の創業者の方とは雰囲気の違う方だなと感じました。





もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。