About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
民法の楽しい読み方/弁護士 近藤彰子
正しい読み方ではなく、楽しい読み方。
弁護士の近藤彰子さんが監修された民法の変わった規定などを紹介した本です。

最近裁判員制度の導入や、テレビ番組での法律のクイズ化など、法律を身近に考える機会が増えてきており、この本のように手軽に法律の規定を楽しみながら学ぶという本も増えてきていますが、近藤彰子さんの『民法の楽しい読み方』は、他の多くの本と少し異なる特徴があります。

それは娯楽目的の民法の本のようにみえて、実は条文や規定、判例などが豊富に盛り込まれた内容であることです。
取り上げられている内容こそ『裏口入学の謝礼は、不合格なら取り戻せるか』などといった具合に民法の面白い規定、意外な規定に終始しているものの、その解説の部分となると、『民法ではこのように規定されているんですよ』では終わらず、条文や解釈、適したものがあれば実際の判例や事件を例に挙げて徹底的に解説を施します。
そう、この本は解説の部分になると急に専門書に化けるのです。

この本を読んでいて近藤彰子さんと、僕の大学時代のある教授とが重なりました。
その教授は憲法の教授でしたが、たとえ話であったり、実際の判例などについても関連する人を茶化すように説明して笑いの絶えない講義をすることで知られており、僕が通っていた大学では唯一、講義が大講義室で行われるという人気振りでした。
この教授も楽しい話で人の興味を誘っておいて、『結論が知りたい!』と思う段になると、きちんとした解説をして講義を終わらせるというスタンスを取っており、肝心の話に行き着くまでに講義が終わってしまうという悪癖があったものの、非常にわかりやすく教えてくれる教授でした。

入り口は広く、入りやすいほうがいい。
別に入り口まで厳格な雰囲気である必要はない。

特に今後、法律を生業としない私たちもそういう場に自らの意見を持っていかなければいけない時代になるのですから、こういうスタンスで作られた本の重要性は今後ますます高まっていくべきだと思います。

最後に一つ、興味深かった内容を紹介します。
民法は、同性同士の結婚を禁じていないってご存知?
これは意外と勘違いしている人が多い規定ですが、同性同士の結婚を不可能にしているのは民法ではなく憲法です
なんでまた憲法がわざわざ民法の領域に踏み込んできて同性同士の結婚を禁止しているんだ…と思う方もおられるでしょうが、これはどうも憲法がそこを禁止したくて禁止という形になっているわけではなさそうです。
同性同士が結婚できない理由となる条文は『婚姻は、両性の同意にのみに基づいて成立』するというものです。
この規定、解釈の仕方は様々にあるので絶対とはいえないものの、おそらく両親などが強制的に子供たちの結婚相手を決めてしまうという古い形を否定し、自由意志で自分の結婚相手を決められるという自由について規定したものです。
その時に結婚する二人のことを『両性』と表現しているので、両性=男性、女性=男性と女性が結婚しようね♪と同意しないと婚姻は成立しないという事になってしまったのです。
単純にこの場所が『当事者同士の同意』といった具合に性別を盛り込まない表現になってさえいれば、現行民法ではその当事者同士が同性であろうが両性であろうが禁止されていないのです。
もちろん憲法>民法だから、わざわざ憲法で結婚を男女としているものに対して二重に否定する必要はないか…という理由で民法にその規定がなければ、憲法を書き換えるのと同時に民法で改めて禁止…という可能性もありますが、もうそんな時代でもないでしょう。
もしかすると今後の改憲議論の中でこうした声が上がるかも…!?

このような読み方をしてみれば法律というのは本当に面白い。
一歩踏み込んでみれば、更に興味深い。
気軽な入り口に、こんな本はいかがでしょうか…。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
労働基準法 解釈総覧/厚生労働省労働基準局編
従来の不便と煩雑さを一掃することを主眼として編集した

労働基準法に対して行われた行政解釈を一冊の本にまとめたのが、この解釈総覧です。
労働に関する様々な紛争や問題は、時代ごとに新たな問題が発生しがちなもの。そのたびに新しい法律を作るのではなく、既存の法律、条文で対応していく事が求められます。
その際に行政側が下した解釈はある問題に対する、その後の一つの指針となります。
それを一つ一つ調べようとすると、図書館の法律コーナーから身動きが取れないような状態になってしまいます。
よって、その解釈の結果一つ一つをまとめたこの本が作られました。

まさに『本書の特色』として挙げられている『従来の不便と煩雑さを一掃する』一冊です。

内容はまず一つの条文を挙げ、『第○○条関係』として、その条文で解釈される様々な問題に対して『問』と『答』のQ&A形式で進んでいきます。

法律の勉強をしている人間といえば、時刻表マニアばりに、六法全書をめくりながらニヤニヤする人種ですが、そうじゃない人でも、この労働基準法解釈総覧は普通に読み物として面白い。
テレビのバラエティ番組として法律を取り扱う番組がいくつか存在しましたが、内容的にはそれに近く、また実際に会社勤めをしている人にとっては感情移入がしやすい内容であると思われます。

噛み砕いた表現や、表を使ってのわかりやすい解説など、とっても参考になる一冊ですが、僕にはちょっとだけ引っかかる点がありました。
『問』で『~と考えられるが如何。』

如何…か、如何ときたか。
『如何だろうか』でも、『如何でしょうか』でもなく『如何。
なんちゅーか、不自然な日本語である。

この本を書いたのはお侍さんなのかもしれません。


テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
ポケット六法/有斐閣
法律を勉強している人なら必ず一度は『どこがポケットやねん!』と突っ込んだ事があるであろう『ポケット六法』。
ポケットに入れれば衣類に重大なダメージを引き起こす事が容易に想像される逞しいサイズに詰め込まれた各種法律に胸をときめかしたのはいつの事だっただろうか。

有斐閣のポケット六法が学校の指定だったので、その後も毎年購入し続けています。
サイズ的に(無理をすれば。←ここ大事)ポケットに入りそうなサイズの六法では不足な部分が出る事があり、かといって巨大な(本屋が近所にあっても決して徒歩で買いに行ってはならない!ましてや買い物の途中などもってのほかだ!)サイズだと、日頃の使いまわしも良くないし、買い換えるたびの費用がかさむ。
その意味では最もバランスが取れたポケット六法だと思います。
勉強から実用まで、一通りこなしてくれて、そこそこ小型サイズ。
文字のサイズも詠みにくくない範囲内に収まっています。

やはり基本は学習向けの内容で、法令を公法(憲法など。大日本帝国憲法もあるでよ。)、民事法(そのまんま民法など)、刑事法(法学部を志す学生は何故か刑法を花形と思い込む。僕もそうだった)、社会法(労働関連の法律など。労基法などで労働者、使用者と明記されているときは社会の厳しさを知ったような気がしたなぁ)、産業法(独禁法など。昨今話題の著作権法もここの分類)、条例(国連憲章など。有名な物が多いので読み物として楽しめる)の六つに分けているので、索引とあわせて法令を探せる他、条文が複数項にわたる場合には数字の記号(①②…)をつけて明快にされている他、総合事項索引では法律のキーワードからの検索も可能なので、この六法をそのまま参考書のように使い易くなっています。

扱い易いと行っても1500ページ近い内容。
法律の勉強をしたことがある人は京極夏彦さんのページ数に動じないのが特徴である。


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。

ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記