本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

小説ドラゴンクエスト5―天空の花嫁〈3〉/久美沙織
小説版のドラゴンクエスト、最終巻となる3巻を読んでみました。

ドラゴンクエスト史上、一番不幸な主人公の物語ですが、最終巻も泣けます。
結局、2巻だけが幸せだったのではないかと…。

□ 泣かせるポイントその1
子供が出来て幸せの絶頂!
俺、王様も継いじゃうよ!…と思ったら、石像にさせられる。
次に目覚めた時、可愛い盛りの子供達は既に成長してた。
これ、ゲームをしていたときには全く感じなかったんですよ。
でも今の年齢になって判ったのですが、これって凄く寂しく悲しいことですよね。
両親にとっても。勿論、子供達にとっても。
だからビアンカが最後に次の子供を欲しがったのは、凄く判るんですよ。
あれって実は凄く重たい発言なんですよー!

□ 泣かせるポイントその2
子供の一人は勇者、もう一人は自分より魔物と上手くやれるヤツだった。

ゲーム上では能力の高さで主人公としての威厳を保ちますが、これも切ないですよね。
親の立場が無いと言うか(笑)。
ちなみに勇者の息子の方は小学生低学年くらいの年齢ですが、それでも戦える理由というのは、天空の剣がそうさせるといった説明がなされていました。
ゲームの際に感じる違和感が少し軽減された良い設定ですよね♪
また、魔物使いとしての能力を継いだ娘のほうは、父親がなし得なかった、言葉を話せない魔物の通訳ができると言う能力を達成しています。
双子の息子と娘のバランスを取るための設定なのでしょうが、そこだけはお父さんの聖域として残してあげて欲しかったような(笑)。
ドラゴンの杖で最終的なバランスは取られるものの、ちょっと寂しい感じが…。

□ 泣かせるポイントその3
頑張って探したお母さんは死んじゃった。
この再会って主人公にとっては悲願だったはずの出来事ですよね。
仕方ないにしても、悲しい結末です。
本当にこの人の人生は辛いことばかりでしたね。


…と、茶化すようなことも書きましたが、親子の絆を感じさせられるのが3巻です。
主人公とビアンカの子供も宋ですが、主人公は過去に戻り、パパスと接触します。
もうすぐ死んでしまう事が判っている父親を前にした主人公との会話は凄く良いシーンです。
辛いからこそ報われて欲しい。
後日談を読みたくなるようなラストシーンを描いてくれた久美沙織さんは、きっとご自身もゲームを通して同じような感想を抱いていたのではないでしょうか。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
小説 ドラゴンクエストⅤ 第2巻/久美沙織
小説版のドラゴンクエスト、1巻に引き続き、2巻です。

前作で少年時代までが描かれ、本作では青年時代になります。
…まぁ、その後の展開を考えると主人公達は第3巻でも青年期のままなんですけど。

さて。
ドラゴンクエストⅤで最大の見せ場だと思っていた、主人公達の奴隷生活と、そこからの脱出が描かれるのが2巻です。
…なのですが、対象年齢などを考えてでしょうか、奴隷だった時期は過去形でしか語られません。
大半は脱出~ラインハット城までが描かれ、その中で回顧であったり、誰かへ説明する形式で登場します。
この展開は少し残念な気がしました…が、代わり(?)にマーサの少女時代が描かれます。
彼女も主人公に負けず劣らず魅力的なキャラクターですね。
ドラゴンクエストⅤでは定番の仲間モンスターであるスライムナイトは、彼女を守る為にスライムからスライムナイトへ進化する道を選んだという設定になっています。

原作では余り語られませんでしたが、主人公の魔物を仲間にする能力というのはマーサから引き継がれたものでしたね。
ゲーム中ではⅤの主人公は単なる勇者の親父っぽく見えてしまいがちですが、小説版では天空の地を引く勇者と並ぶ不思議な力を秘めた人物として描かれているのが面白いですね。
船でキラーパンサーを枕に寝ていたら、帆に止まった鳥が彼の顔に日陰を作るようにしてあげるシーンなど、主人公の神秘性が描かれていて興味深い描写でした。

そしてこの作品では主人公が自分の国へ戻るまでが描かれています。
ちなみに…奥さんはビアンカです。SFCの頃なのでデボラは勿論いません。
ゲーム上では子供の髪の色くらいにしか影響の無い選択肢ですが、さすが久美沙織さんは上手に描いてくれていますよ(笑)。
(※イオナズンが使えるのはフローラだけとか、微妙な違いは有ります)
オリジナルのDQ5はSFCというハードだったということもありますが、小説にはゲームでは出来ない描写がありますよね。
たとえばサンチョと主人公の再会のシーンで、サンチョが昔のまま頭から抱きしめたつもりが、抱きついていたのは腰の辺りだったというような描写から、凄く時間が経ってしまった事を感じたり…。
ゲームの描写を思い出しながら読むのも一興ですが、映像では表現できないものを読むことこそノベライズの最大の楽しみ方だなと、改めて感じるシーンでした。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
小説 ドラゴンクエストⅤ 第1巻/久美沙織
どんな辛いことがあっても、負けちゃだめだよ

ドラゴンクエスト5が出た頃というのは、まだ小学校に通っていたので余り深く考えずに遊んでいたものですが、今になってみればシリーズで一番悲しい物語でしたね。
4から引き続き天空シリーズとされる物語です。
シリーズを通して初めて主人公が勇者ではなく、その血筋でもないシチュエーションになりました。
(※2の主人公も基本的には勇者ではないけれど、彼は勇者ロトの子孫でした。っていうか、あの主人公は戦士ですよね。)

さてこの一巻は少年期を描いた作品です。
少年の目を通した冒険は、どことなく子供の頃の思い出と重なってむずかゆい感じです。
MOTHERも良かったですし、久美沙織さんは子供の心理の描写が上手ですよね。
ちなみにキラーパンサーの名前はプックルでした。

この巻は少年期という事で、悲しい結末まで向かっていってしまうのですが…。
少年期の経験というのは、誰にとっても大切な事なんだと思います。
僕は随分と平穏な人生を送ってきましたが、それでもやっぱり自分の子供の頃に戻って何か言葉を伝えられるのであれば、主人公がそうしたように、『どんな辛いことがあっても、負けちゃだめだよ』と言ってあげたいです。





もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.