本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

間違いだらけの中古車選び/徳大寺有恒
間違いだらけの中古車選びというタイトルなので、徳大寺有恒さんが中古車選びについて語っているのかと思いきや、『間違いだらけのクルマ選び』から高評価だった車を時期ごとにピックアップしたものです。
要するに当時高評価だったのだから中古車になっても高評価だろうというもので、新たに加えられているのはその時代に関して語っている御大のコラムのみです。

目次ページです。
各年代のコンテンツに対する感想は以下です。

part1.1995-1998
part2.1999-2000年下期
part3.2001上期-2002年上期
part4.2002夏-2004冬

それぞれの年代に高評価を受けた車が中心ですが、ブルーバードシルフィのように余り芳しい評価を受けなかった車や御大は高く評価しながらも終わってしまった車も含まれているのが興味深いところです。
コンセプトが発売時に高い評価の車なら中古になっても購入する価値があるといったことになるんだろうと思いますが、車評自体は新車発売当時のものなので、『中古車ならこれがお勧め』とか、『この車は年式がいっても丈夫だ』といった内容ではありません。
その点は注意が必要そうです。

この本が2004年のものなので、part1辺りに登場する車種はさすがに選択しづらいところに入ってきましたが、僕の愛車(2009年7月現在)は1995年、まだまだ元気に走ってくれていますので御大のお墨付きで思い切って選んでみるのもいいかもしれません。
時代はエコ、エコとまるで流行のように叫ばれ、僕の乗っている年式の車を買い換えれば政府が多額のお金をくれると言い、まるで僕が悪い事でもしているかのように後押しをして下さるのですが、まだ走れる車をもう一度走らせてあげること…。
生命ではないけれど、走るために作り出され、まだまだ走れるのに廃車なんてさびしすぎる。それを国を挙げて支援するなんて、本当にさびしいことです。名車はたとえ古くなっても名車です。
そんな意義を感じ取れる一冊です。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
間違いだらけの中古車選びpart4.2002年夏-2004年冬/徳大寺有恒
間違いだらけの中古車選びというタイトルなので、徳大寺有恒さんが中古車選びについて語っているのかと思いきや、『間違いだらけのクルマ選び』から高評価だった車を時期ごとにピックアップしたものです。
要するに当時高評価だったのだから中古車になっても高評価だろうというもので、新たに加えられているのはその時代に関して語っている御大のコラムのみです。

part4は今活発に動いているであろう2002年夏~2004年冬の車種です。
このpart4にはコラムがありません。
まぁつい最近の事ですしね。この中古車選びが発売された時期自体が2004年ですから。
殆どの車種が今(2009年夏)の時点で最近代替わりした車種ばかりです。

各車種とネタバレ等は続き以降で。
続きを読む…


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
間違いだらけの中古車選びpart3.2001年上期-2002年上期/徳大寺有恒
間違いだらけの中古車選びというタイトルなので、徳大寺有恒さんが中古車選びについて語っているのかと思いきや、『間違いだらけのクルマ選び』から高評価だった車を時期ごとにピックアップしたものです。
要するに当時高評価だったのだから中古車になっても高評価だろうというもので、新たに加えられているのはその時代に関して語っている御大のコラムのみです。

part3は新世紀、2001年~2002年上期までです。
時期的にはホンダがフィットを発売したり、ミニバンブームが来たりと、車の趣向が変わってきた頃です。
トヨタからはオーパという圧倒的な室内空間を持つ車が登場し、これからどのような車がヒットするのか探りを入れたりしています。
なのでこのコンテンツではオーパの他にディオンやYRVなど、一代のみで終わった車種も含まれています。
この時期に僕は免許を取得していたので、記憶に新しい時代です。
ミニバンの大流行の一方でコンパクトカーも隆盛を極め、大きい車か小さい車しか選択肢がないような人気の二分ぶりに戸惑ったものでした。ちなみに僕が選んだのはNA8C、ユーノスロードスターでした。

閑話休題。
御大はこのコラムで自分の『終いのクルマ』について語っています。
意外にもというと怒られそうですが、御大の終いのクルマ候補は高回転エンジンを誇るホンダです。
S2000かオデッセイが当時の候補だったようです。
ただしAT車がいいということで、最終的にはオデッセイかアコードを検討しているようです。

…絶対ゴルフでしょ、御大。

各車種とネタバレ等は続き以降で。
続きを読む…


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.