本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
9割の人が間違える!正しいダイエット知識 ~徹底検証!ネットで見かけるダイエットにまつわるウソ・ホント~/美wise編集部
ダイエットしてみようかなと思う事があり、ネットで検索してみたのですが…。
色々なやり方がありすぎて、どれがいいんだ?と迷っていました。
そんな時に、こんな本を読んでみました。

 どんな本?
ネット上で出回っているような、ダイエット方法5つをピックアップして、それぞれのダイエット方法についてなぜ痩せるのかという事と、それの実際の効果、デメリットを紹介する内容です。
扱っている項目は下記の通りです。

◆脂肪燃焼スープで7日間ダイエット
◆糖質制限ダイエットの是非
◆冷ご飯でお米のカロリーが減る??
◆ココナッツオイルでお米を炊くとカロリーが半分になる??
◆トランス脂肪酸の危険性と食品について~マーガリンはプラスチック?


この他に、著者(美wise)が提唱するダイエット方法が掲載されています。

 どれがイイの?
ではどのダイエット方法がいいのでしょう?
結果から言えば、著者の提唱するやり方であり、恐らく最も基本的な形のダイエットである運動しながら、少し食べる量を減らすという手法が一番だという結論に至るようです。

本文中で紹介されているもので言えば、糖質制限ダイエットが高評価でした。
過度に行うと健康面への影響や、リバウンドの問題などもあるので、あくまでも適度です。
美wise推奨の方法も、夕飯のお米を減らすと言うのは糖質制限ダイエットの手法です。

他の項目に関しては、
・脂肪燃焼スープ→筋肉が落ちるから体重が減って見える
・冷ご飯でお米のカロリーが減る→減少量が少ない
・ココナッツオイルでお米を炊く→日本の米では効果が薄い?
トランス脂肪酸→意識して減らす事は大事だが、そもそも食品のトランス脂肪酸の含有量が減ってきている

…といったところでした。

 感想
眉唾のような話題の多いダイエット方法に理詰めの検証という点ではいいと思います。
ダイエットの話となると、すぐに体重計の写真が出て、こんなに痩せました!といった展開に走りがちです。
目的から言えば、そこが最も重要な情報なのかも知れません。

しかし、痩せる為に健康を害していては意味が無い。
そういった点では、こういう検証は大切だと思います…が、内容が理系寄りになってしまうんですね。
ダイエットに興味があって読む人には、ちょっと肩透かしな一冊なのかもしれません。
スポンサーサイト


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
山本まりこの「女子旅」 カメラレッスン―ふんわりかわいく思い出を撮る! / 山本まりこ
何でも女子をつける時代になったなぁなんて思いつつ、別に性別を問わず使える、カメラの教則本を読んでみました。

 どんな本?
旅行先で撮影する写真をテーマに、様々なシーンでちょっと工夫を加えるためのコツを紹介した本です。
今の時代、スマホ一台を片手に旅に出る人も少なくないでしょうが、もしデジカメを持っているならもう一工夫してかっこいい写真にしてみませんか?…といったところでしょうか。

カメラのモードの使い分けや調整の仕方などを簡単に説明した一冊です。
コンデジを買ったはいいけど、ただ撮るだけならスマホのカメラと余り変わらないなぁ…なんてジレンマを抱えている人、タンスの奥に追いやったままになってる人がいれば、コレを機に、再び使う契機になるかもしれません。

 内容について
誤解を恐れずに言うと、著者の山本まりこさんという方がこの本で紹介する写真は、ちょっとドギツイです。
元の色からかけ離れた色合いの写真も少なくありません。

見たままを残したいという方は、余り好きではないかも知れません。
単に記録として撮る人にも、恐らく不向きでしょう。

ただ幻想的な感じでキレイに撮りたい、スマホ+デジカメで撮る…そんな人には、ちょっとの調整だけで見違えるように写真が代わるので超おススメです。
ボクは普段はデジイチがメインですが、コンデジって手軽に使えるというイメージが強すぎて、意外とそのままオートに任せて撮影しちゃいがちですよね。
ボクの使い分けも、キレイに撮りたい→デジイチ、とりあえず記録したい→コンデジ…なのですが、そのオート任せから一歩進むだけで、コンデジの強みって凄く出てくるものです。

この本を読んでいると、やっぱりスマホのカメラが高性能になっても、まだまだコンデジにも強みがあると痛感させられます。
本文にはデジイチの記載もありますが、メインはコンデジです。

 感想
女子旅とタイトルに冠しいる通り、可愛らしい写真の撮り方がメインですが、別に性別は問わない一冊だと思います。
スマホの性能が良くなっているので、コンデジを買ったはいいけれど使ってないなぁ…とか、コンデジを使う意義を見出せずにいる人…、ちょっと世界観が変わるかもしれません♪

ただ記録するだけじゃない、楽しむ趣味としてのカメラのあり方を教えてくれる一冊だと思います。





もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
地名の由来ネタ帳/ISM Publishing Lab.
僕は地名の由来を調べたりするのが好きで、よくそういった本を読んでいるのですが、今回は軽めの内容の話題のネタとしての地名の由来を扱った本を読んでみました。

■ どんな本?
日本各地の地名の由来を集めた本です。
ネタ帳というだけあって、深く追求していくというよりは、小話として使えそうな簡単でインパクトのあるものや、有名な地名が中心になっています。
なので扱っている地名も地方都市では県名の由来以外は3~5個程度、逆に東京のような大都市や、有名な観光地などは沢山取り上げられています。
こうした点から、地名の勉強をしたいという人の入門には余り向かないと思います。
雑学と割り切って読みましょう。

■ ここは難点
ボクは地名を調べるのが好きなのですが、基本的に地元の地名だけを調べています。
誤解を恐れずに言えば、地元以外の地理に関しては平均以下の知識しかないと自負しています。

そこで出てくる問題が一つ。
この本、ページのタイトル部分に『○○』と、大きく地名が出てくるのですが、都道府県名や市町村名は記入されていません。
本文の中に都道府県名が出ている時はいいのですが、それがないと、どこの話を書いているのかサッパリ判らない。
それぞれの項目の最後に白地図は出てくるのですが、形だけ見てどの地域か当てるっていうのは、現役の学生じゃないんだから…、ちょっと難しいですよね。
別に都道府県名が判らなくても、地名の由来自体の解釈が変わることは無いのでしょうが、イマイチ釈然とせずに読む事が多かったです。

■ 感想
ネタとして使うには面白い地名が多いのですが、メジャーではない地名も多く収録されています。
それ自体は面白いのですが、他者と話していても、たぶん知らないだろうという地名は話しのネタにはしづらいと思うので、結局のところ自分で楽しむのに読むのがいいところかなと思います。

そこを割り切って読むのであれば、読みやすいし、解説も判り易くて良い一冊だと思いました。

※この本は電子書籍、KOBOで購入して読みました。
興味がある方はネットで検索してみてください。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。