本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

女王の首飾り/怪盗紳士
『盗むって、こんなに造作ないことなのか?盗もうと思いついて、手さえ延ばせば、それでいいわけなのか?』

女王の首飾り…この物語には特筆すべき点が二点あります。
一点は実在の事件をモデルに作られていることです。

時代は遡る事、ルイ15世の時代。
王は大小合わせて数百個のダイヤをちりばめた首飾りを作らせていた。
これはルイ15世の公妾として知られるデュ・バリー夫人への贈り物にする為のものだったが、王はその完成を待たずして逝去してしまう。
そこで首飾りの制作を依頼されていた宝石商は購入先を失った首飾りを、ルイ16世の王妃となるマリー・アントワネットに売ろうと試みたのだが、なかなか上手く行かなかった。
そんなとき、ド・ラ・モット伯爵夫人という人物が、マリー・アントワネットと親しいと吹聴していたので、どうにか首飾りを買い取ってもらえるように仲介を依頼したのだが、ラ・モット伯爵夫人はそれをそのまま自分の物にして支払いをせずに逃げてしまったのだった…。

この物語のタイトルにもなっている女王の首飾りというのはその首飾りであり、残された座金に買い戻せたダイヤ数個と廉価のダイヤで復元していたものです。
それでもその首飾りを持つドルー・スーピーズの一家はそれを家宝として、奥さんがそれを着けたいと望んだときのみ銀行の金庫から取り出し、使い終わればまたすぐ翌日には金庫へ戻しに行くというように大事に扱っていた。

そう、この日もそのはずだった…。
しかし翌朝、あるべき場所にそれはなかった
そして犯人探しが始まった。容疑者になったのは、その首飾りが盗まれた場所にあるとしっていた人物、そして犯行が可能な部屋に住んでいる女性…夫人の友人で幼い子供を抱えた未亡人のアンリエットだった。
しかし幾ら調べてもその犯行は立証されない。
判事はひそやかにお金に困った夫妻が売り払ってしまったのだろうと結論付けて事件をそのまま迷宮入りさせる事にしたのだった…。

一方で当事者のドルー夫人はアンリエットと犯人と決め込み、やがて彼女とその息子を家から追い出してしまった。

しかし…それから数ヶ月が経って、妙な手紙が舞いこんできた。
アンリエットから仕送りに対する感謝の手紙が舞いこんできたのだ。
よく事情を聴いてみると偽名と偽の住所を記した郵便で金銭が贈られてきたのだという。
そしてそれは彼女が死ぬまで、六年間続いた。
病気に倒れて以降は増額され、郵便の規則に反している事を指摘されれば規則に合わせて発送されたのだった…。

この不思議な二つの出来事はもうずっと謎のままになるはずだった。
しかし、ある日ドルー・スービーズ伯爵の家に招かれたある紳士がその謎の封印を解いて見せたのだ。実に鮮やかに、実に驚くべきやり方で―。
そして、それこそが特筆すべき二点目なのです。

ネタバレ等は続き以降で。
続きを読む…


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
不思議な旅行者/怪盗紳士
僕の探偵としてのデビューは、さすがにまんざらでもなかった。』

脱獄を見事に果たしたアルセーヌ・ルパン。
正式に娑婆へ戻っての最初の仕事が、彼にとっても最初の『探偵』アルセーヌ・ルパンの仕事となりました。

友人宅へ向かう途中の電車の車室で、ある婦人と時間ギリギリで飛び込んできた男と一緒に過ごす事になった『僕』。
ちなみに最初の車室から『僕」が移動した理由は同室になった七人の紳士のうち五人が煙草を吸うというものでした。この時代でもそういう感覚は既にあったんだなぁと、妙に納得。

『僕』が同室したときも不安そうにしていた婦人は後から来た紳士にも非常に不安を覚えているようだった。彼女がそうまでも怯えている理由は…脱獄したアルセーヌ・ルパンが同じ列車に乗っていると知っていたからだった。
ギリギリのタイミングで乗り込んできた不自然な同乗者…。

何事も無いだろうと決め込んで眠りこけていた『僕』だったが、急に苦痛に襲われて目覚めてみると縛り上げられてしまっていた。
僕ともあろう者が、アルセーヌ・ルパンともあろう者が!

ネタバレ等は続き以降で。
続きを読む…


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
アルセーヌ・ルパンの脱獄/怪盗紳士
下着でも変えるように、人柄を変え、勝手に自分の外見や声音を、目付や、筆跡を、変えたりするのも、まことに結構だが、ただとかく自分が自分でないような気がして来るのはやはり寂しいからね
第一作目で捕まり、そして第二作目では獄中にいながら予告どおりに犯行をしてみせたアルセーヌ・ルパン。
前作で『アルセーヌ・ルパンは自分が気に入る間しか刑務所には居ない、それ以外は一分間だって待ちはしない』と述べたとおり、第三作目のタイトルは『脱獄』そのもの。
獄中から行った犯行はもちろん、日刊大報の記事に納得のいかない記事を掲載されているのをみるや、裁判が始まるまでに会社に行って説明してもらうという大胆不敵な手紙を送る始末。

この状況を見かねた警察は、ルパンを散歩に出している間に部屋の中を調べ、そしてルパンが外部の人間と脱獄の計画を立てているらしい手紙を葉巻の中、食事に使ったナイフの中から出てきたのである。
これを見つけた警察は大胆な手段を思いつく。

共犯者共まで具合良く捕まる程度に。』

ルパンを出し抜こうとする警察。
脱獄できるチャンスを与え、計画通りに護送中の馬車からルパンを外に脱出させる事に成功したのだった。
しかし、その後の行動は警察の予想と少し違っていた。

ルパンはその足で喫茶店で生ビールと煙草を楽しんだ。
ちなみに財布を持っていなかったので、ラ・サンテ刑務所に監禁中のアルセーヌ・ルパンである事を名乗って、支払いを信用貸しにしています。
そしてその足で刑務所へ戻り、所長へ告げるのです。
僕の事は放っておいて下さいよ。脱獄したくなったら、誰の世話にもならずに脱獄しますから

嫌になるくらい完璧で、黙って逃げれば良いのに最後の最後まで人の裏をかいて嘲笑し続けるルパン。ちなみにこの作品の中でルパンはガニマールを泣かします。
ルパンの謎に包まれたバックボーンが明らかになったり、ついにルパン自身が動いて警察の目をくらましたりと、ルパンの性格が決定付けられたような作品です。

ネタバレ等は続き以降で。
続きを読む…


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.