本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

日光殺人事件/内田康夫
最近、休みの度に天候が悪く、外出できない鬱憤を浅見光彦シリーズの旅情で紛らわせようと、読んでみました。

まず。
一つだけ言っておきたいこと。

天海僧正どこいった?

この作品、そもそもは天海僧正と明智光秀が同一人物であるという説の立証の為に出かけた筈の日光で、たまたま遭遇した事件がメインに置き換わるという展開を見せます。
作品の冒頭ではメインに据えられ、色々と情報や説が飛び出すのですが、序盤で早くも話題から消え、結局次に登場してくるのはラストシーンです。
それも事件が終わって歩いていたら、最初の頃に取材に行っていた人に再会したというなんだかとってつけたようなシーンです。
僕は春日一行や浅見光彦と同じく、明智光秀は生存していたのではないかという説が結構好きなんですよ。
それだけにこの展開には軽いショックを受けてしまいました。

閑話休題。

華厳の滝で自殺の死体を引き上げている際に、もう一体の白骨化した遺体が見つかった。
それは地元で牧場を経営するほか、不動産やレジャーなど多岐に亘って展開する智秋グループの次男である事が判った。
彼は三年前、突然山形県へ車だけを残して行方不明になっていたのである。
それが華厳の滝で見つかった…。
葬儀の際に集まった短歌の仲間の口から、彼が死の直前に『日光で面白いものを発見した』と話していたことが判った。
この事件へ興味を抱いた浅見光彦は事件の調査へと乗り出すのだった…。


キーワードとなる日光とはなんぞや?という謎から、その誤解と真実によって引き起こされた事件です。
後、謎の編集長春日一行が登場する作品でもありますね。
若いくせにだみ声で喋るというこの男は当たり前のように旅と歴史の編集長になっていますが、実は登場はこの一家のみです。旅と歴史の編集長といえば、やっぱり藤田編集長ですが、レアな作品になりましたね(笑)。

後、非常に余談ですが…作品中に自宅でのシーンが少ない割りに、きっちり雪江と須美子に叱られていますね~。
やっぱりこれが無いと浅見光彦じゃない!?

ネタバレ等は続き以降で。
続きを読む…


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
浅見光彦殺人事件/内田康夫
タイトルから非常に惹かれていた作品です。
著者よりシリーズを三作品以上は読んでいる人が読んで欲しいという注釈付きだったのですが、結構シリーズも読破してきたので…、とうとう読んでみました。

□ あらすじ
主人公となるのはある殺人事件の被害者の娘だった。
彼女の父親は出張先で殺されてしまったのだが、その直前に気になる言葉を残していた。
彼女の母親が亡くなる際にあるトランプの本を守るように伝えて絶命したのだが、ずっとその意味は判らないままだった。
その謎がようやく解けたのだというのだが、結局その謎は判らないままになってしまった。
そんな時、彼女の元へある一人の男性が訪れる。
名前は浅見光彦というルポライターで、事件を調べたいのだという…。


□ 初見さんお断りの作品
一つだけいえるのは、この主人公が死んでしまうような暗示を持つ興味深いタイトルの作品は浅見光彦シリーズをよく読んでいる人ではないとお勧めできない…というより、浅見光彦シリーズの入り口としてこの本を読んではいけません。
まずこの作品では浅見光彦は主人公という立場ではないし、何よりも作品の一番美味しいところが初めてでは楽しめない。
この作品とこの作品を読んでから読んでください…というのではなく、とりあえずシリーズの作品を何作か読んでから…というのですから、難しい注文ではないはずです、きっと。

ネタバレ等は続き以降で。
続きを読む…


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
怪談の道/内田康夫
タイトルから浅見光彦シリーズではないのかなーと思いながら手にとって見た作品です。
立派に浅見光彦シリーズでしたね。何でだろう、タイトルがしっくりこなかった。

この作品は動燃(原子力発電の核燃料サイクル等を担う)の問題を浅見光彦が探る社会的な側面と、小泉八雲の文学に関する浅見光彦シリーズらしい文学的な側面の両面から描かれており、どちらも興味深く読めました。
途中からハーン、ハーンと出てくるのでなんだろうと思ったら、不勉強なもので小泉八雲さんが日本へ帰化される前の名前がパトリック・ラフカディオ・ハーンなんですね。
調べてみると簡単なことで、思わず『ハーン』と声が漏れました。

……。

閑話休題、猛烈に閑話休題っ。


全く知識の無い動燃からのルポ依頼に戸惑いながらも取り組んでいる途中で、浅見光彦は父親が殺されたのではないかと訝しがっている女性、そしてその父違いの姉と出会います。
老舗の醤油製造会社の代表者だった父親が突然死んだ。親族はその死に方に疑問を抱きながらも、会社の評判を落とすことを恐れ、その死を内密に処理した。しかし娘は電話を録音したテープを見つけ、そこで『カイダンの道』という不振な言葉と、父親が脅されていたと言う事実を知る。
小泉八雲の足取りを追いながら、30年前の人形峠で行われていたウラン鉱発掘の現場で起こった悲しい事件へ立ち向かっていきます。


ネタバレ等は続き以降で。
続きを読む…


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.