About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
正しい欲望のススメ/一条ゆかり
一条ゆかりさんの自叙伝のような一冊を読んでみました。

この方は少女漫画のジャンルで活躍される漫画家さんです。

残念ながら、僕は少女漫画は読んだ事がないので、経歴やドラマ化された事があるといったWikipediaの情報から手に入れた知識です。
こんな僕が一条ゆかりさんの本を読んだきっかけは、この本が郷土の本のコーナーヘ並んでいたからです。

本書では嫌いだったというように表現されている故郷というのが、岡山県玉野市というところにある港町です。
岡山県出身の著名人としては、もはや定番ともなっている方ですし、同郷人なら話題にもなるだろうし読んでみようと思い立ったのです♪
まぁ…実際は話題どころか、自らのトラウマの始まりの地として描かれていて、ちょっとした話題に「岡山の著名人といえば一条ゆかりでしょう!でも、あの人って玉野市の事を嫌ってみるみたいですね」…とは、しゃべれないですよね(/□≦、)

それはさておき、タイトルは「正しい欲望のススメ」なんて、読者へ欲望のありかたを説いてくれるような感じがしますが、この本の多くの部分は自叙伝であると思っていいでしょう。

一条ゆかりさんが自分が抱えてきたトラウマと対峙するまでを描いたのがこの作品です。
そしてそのきっかけとなったのが、テレビの番組で久しぶりに訪れた岡山県での出来事だったのです。

トラウマという言葉を使うと、一条ゆかりさんの過去にどのような後ろ暗い出来事があったのかなんて邪推されてしまいそうですが、人はそれぞれ家庭環境や学校など、自分を取り巻く環境の中で処世術などを身につけていくものです。
一条ゆかりさんは、久し振りの帰郷によって、自分のそれを作り出した根源を見つけます。
恐らく見つけるというよりは、人生経験を積むことによって向きあえるようになった、受け入れることができるようになったといった方が正しいのではないでしょうか。

そしてその根源から、自分の物事の考え方などがどのようにして作られているのかへつながっていくのです。
それを淡々と分析していく著者の冷静さは、ちょっと羨ましいくらいですね。

後半では、自らの作品の紹介と、人生に関するQ&Aが掲載されています。
こちらの方がタイトルに沿った感じかもしれませんね。



テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
ヒロシです/ヒロシ
たまたまモテる顔に生まれた 明るいだけの人に負けるのは 悔しすぎるでしょ?

いまさら?と思われたら悲しいけど、読んでみました。
お笑い芸人のヒロシさんの作品集ですね。

テレビで公開しているネタや、未公開のネタが収録されているそうです。
それぞれのネタの後に括弧書きで簡単な説明があるのですが、結構鋭い突っ込みや毒舌、悲哀を誘うような一言が添えられていて面白いです。
普段、テレビなどで見ていると単純に面白いなぁと思うのですが、一つ一つに思いが込められているものなんだなぁと感心しました。



テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
ロック・ザ・バイオグラフィ/監修:山田道成
幅広い音楽シーンの冊子を発行し続けるシンコーミュージックらしい、ロックの有名どころを集めた一冊です。
著名でかつ後の音楽シーンへ影響を与えたアーティスト/バンドの歴史を紹介する内容です。

ジャズやブルース、いわゆるクラシックミュージックのジャンルでは数多く出ているものの、ロックのジャンルでこういった本が少なかったので、ロックというのもそれなりの歴史を重ねてきたんだなと思います。
僕は音楽の聴き方に癖があって、何か新しい音楽を聴くと、そこから歴史を辿り始めます。
なのでSKID ROWからGN'R、GN'Rからジミー・ペイジなどのレスポールを愛用するギタリストたちやT-rex、Hanoi Rocks、それにKISS…といった具合に逆行していきます。
そういった時にこういう道しるべになるような一冊があると、本当に便利です。

ただこの本は少し古い本です。
新しく出すとしても、時代の流れとしては、こういった冊子の需要は終わり始めているのかな…とも、同時に思いました。
wikipediaのようなサイトで見る事が出来る情報と、余り大きな差異があるとは思えません。
寧ろ、wikipediaのリンクを次々にクリックしていきながら、興味がある楽曲はyoutubeや公式サイトの試聴といった具合に進めていった方が近道であるとさえ思えるのです。
これからロックを聴き始める、ロックキッズたちには、そちらの方がCDや楽器を買うお金があっていいのかもしれないですね。

ただ情報の正確さや、シンコーミュージックだからこそ知っているような情報など、楽しみどころも沢山です。


(※上記の本と、僕が読んだ本は発行年が異なります。僕が読んだのは電子書籍として出版されたものでした)

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。

ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記