本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
憲法講話-常に手元においてるお気に入りの本/TBテーマ
FC2のTBテーマに『常に手元においてるお気に入りの本』というのがあったのでやってみようと思います。

どちらかというと雑食で読み漁るタイプなので、これが常に!という感じのものはないのですが、宮沢俊義さんの著書で『憲法講話』という本は、大学以来ずっと読みふけっています。

内容は憲法の基礎です。
現行憲法を、戦前の旧憲法と照らし合わせ、またその起源を添えながら解説するという内容です。
本自体がもう四十年も前の内容なので、憲法自体が潜在的に持ち続ける問題への提唱はあっても、昨今の憲法から派生した新しい権利や問題についての言及は少ないですし、現在的なものではありません。
ただ、それだけに凄くピュアな憲法の本です。

最近の憲法の本を読めば、確かにタイムリーな話題は沢山追加されていますし、もうここ数年来の本を開けば、そこには『改憲』なんて言葉も踊っています。

それも大事な問題だし、これから考えていかなければいけない問題であるのは間違いないけれど…なんとなく、この『憲法講話』の持つ独特の、憲法の根本的な問題だけを見つめる一冊の雰囲気が大好きで、色々な法律の本を読んでも、最終的にはこの本の雰囲気に浸ってしまいます。
改憲はこれから必要なものだと思うのですが、憲法に関する本で改憲という言葉を目にすると、よもや逃げであったり、問題をあやふやにするようなきらいがあるようで、個人的には余り好意的には受け入れられない部分が有ります。
そうではなく、現状の憲法でしっかりと向き合っている姿勢というのは、読んでいて興味深い部分でした。

また基本に忠実な内容だけに、色々な本を読む合間に頭に入れておくと程よい復習になるので、そういう意味でも重宝しています。

まだまだこれからも長く付き合っていけそうな、そんな一冊です。
スポンサーサイト


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。