本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
消えたご先祖様/医学博士ローガン・クレンデニング(シャーロック・ホームズの災難・下)
探偵:シャーロック・ホームズ

□ どんな作品?
ホームズの死後の世界を描いた異色作です。
作者は医学評論家として公明な方だそうで、エラリィ・クィーンの紹介によると『人間の体』という著書があるそうです。
エドウィン・B・ヒルさんの私家版、30冊のみと言う冊子に掲載されていたものなのだそうです。
最も短く、最も気の利いたショート・ショート』と紹介されていますが、本当に短いです
見開き2ページ、実質的には1.5ページもかからずに終わる物語です。

そして、これ…。
意味が判らないんですよ(;´ρ`)

たぶん、宗教的な意味合いがあるのでしょうが…。

□ あらすじ
天国へ行ったホーム図へ、エホバは一つ仕事を依頼してきた。
逐電したアダムとイブを見つけて欲しい、というものだった。
二人が失踪して二永劫年。
もはや姿かたちは変わっているはず。
しかしホームズはある方法を用いて、二人を見つけ出して見せるのだった…。


□ 感想
二永劫年って何年くらいなんだろう
永劫っていうくらいだから、相当長いのでしょう。
その年月の間に変わった二人を見つけ出した方法は判るんです。
あぁ、なる程!と。
しかしおびき出すために用いた方法の意味がちょっと…。
もし意味が判る方がおられたら、是非ともご教示下さい。


スポンサーサイト


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
シャーロック・ホームズ/アーサー・コナン・ドイル
シャーロック・ホームズシリーズを読んだ感想の目次ページへのリンク一覧です。

□ 短編集
シャーロック・ホームズの冒険
シャーロック・ホームズの回想
シャーロック・ホームズの復活
シャーロック・ホームズ最後の挨拶
シャーロック・ホームズの事件簿
シャーロック・ホームズの叡智(日本独自編纂の短編集、目次無し)

□ 長編
緋色の研究
四つの署名
バスカヴィル家の犬
恐怖の谷

短編集はリンク先がそれぞれの短編集に収録の作品へのリンクに、長編はそれぞれがダイレクトに感想文へのリンクになっています。
続きを読む…


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
シャーロック・ホームズの事件簿/コナン・ドイル
各記事への目次ページです。

三人称の作品や、ホームズが聞き手に回るだけの作品など、最後の短編集ながら新しい挑戦の多く見られる意欲作でした。
ホームズの一人称や、引退後が描かれているのも興味深いのと、本当の最後に際してのドイルからのメッセージもあります。
今回は東京創元社さんから出ている電子書籍版の短編集、翻訳は贋作ホームズの一つである『シュロック・ホームズ』シリーズの翻訳者でもあった深町眞理子さんでした。

まず、各作品への感想のリンクは以下です。

高名な依頼人
白面の兵士
マザリンの宝石
三破風館
サセックスの吸血鬼
ガリデブが三人
ソア橋の怪事件
這う男
ライオンのたてがみ
覆面の下宿人
ショスコム・オールド・プレイス
引退した絵の具屋

そして、ドイルからのメッセージ。
まずシャーロック・ホームズを『よくあるテノールの人気歌手のようになることを私は恐れる』としています。
既に作品自体が最盛期を過ぎているのに、人気に甘えて続けるような形にはなりたくない…と。
これは、事件簿を読んでいて、僕自身も感じたことです。
三人称であったり、ホームズの引退後の事件、依頼人(?)の語りだけ…といった、新しい試みをしている他に、過去のトリックの焼き増しのようなものも散見され、実際に作品の質が落ちているかどうかはここの判断にゆだねるとして、ドイルが従来のホームズシリーズのまま続けていく事に行き詰っていたのではないかと思うのです。

ところでホームズが一旦、滝に落ちて死んでしまったということになった時、ドイルは自分の著作の活動において、ホームズの著者という先入観が妨げになるという事を懸念していたといわれていますが、この最後の記述でドイルは言い切ってくれています。
かりにホームズが存在しなかったとしても、私はこれ以上多くを成し遂げることは出来なかっただろう

なんとなく後期のホームズがドイルの愛情を受けていないような印象があったので、このフレーズはちょっと救いだったような思い出が有ります。
では、後は存分にホームズとのお別れを楽しんで下さい。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。