本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2016年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

9割の人が間違える!正しいダイエット知識 ~徹底検証!ネットで見かけるダイエットにまつわるウソ・ホント~/美wise編集部
ダイエットしてみようかなと思う事があり、ネットで検索してみたのですが…。
色々なやり方がありすぎて、どれがいいんだ?と迷っていました。
そんな時に、こんな本を読んでみました。

 どんな本?
ネット上で出回っているような、ダイエット方法5つをピックアップして、それぞれのダイエット方法についてなぜ痩せるのかという事と、それの実際の効果、デメリットを紹介する内容です。
扱っている項目は下記の通りです。

◆脂肪燃焼スープで7日間ダイエット
◆糖質制限ダイエットの是非
◆冷ご飯でお米のカロリーが減る??
◆ココナッツオイルでお米を炊くとカロリーが半分になる??
◆トランス脂肪酸の危険性と食品について~マーガリンはプラスチック?


この他に、著者(美wise)が提唱するダイエット方法が掲載されています。

 どれがイイの?
ではどのダイエット方法がいいのでしょう?
結果から言えば、著者の提唱するやり方であり、恐らく最も基本的な形のダイエットである運動しながら、少し食べる量を減らすという手法が一番だという結論に至るようです。

本文中で紹介されているもので言えば、糖質制限ダイエットが高評価でした。
過度に行うと健康面への影響や、リバウンドの問題などもあるので、あくまでも適度です。
美wise推奨の方法も、夕飯のお米を減らすと言うのは糖質制限ダイエットの手法です。

他の項目に関しては、
・脂肪燃焼スープ→筋肉が落ちるから体重が減って見える
・冷ご飯でお米のカロリーが減る→減少量が少ない
・ココナッツオイルでお米を炊く→日本の米では効果が薄い?
トランス脂肪酸→意識して減らす事は大事だが、そもそも食品のトランス脂肪酸の含有量が減ってきている

…といったところでした。

 感想
眉唾のような話題の多いダイエット方法に理詰めの検証という点ではいいと思います。
ダイエットの話となると、すぐに体重計の写真が出て、こんなに痩せました!といった展開に走りがちです。
目的から言えば、そこが最も重要な情報なのかも知れません。

しかし、痩せる為に健康を害していては意味が無い。
そういった点では、こういう検証は大切だと思います…が、内容が理系寄りになってしまうんですね。
ダイエットに興味があって読む人には、ちょっと肩透かしな一冊なのかもしれません。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
しわく騒動記/角田直一
ちょっと貴重な本を入手できました。
塩飽漁協と下津井漁協の間で起こった【塩飽騒動】に記録です。

 どんな本?
塩飽騒動の事件の詳細を記した本です。
まだ主要な関係者の一部が存命の内に取材をして書かれた本なので、内容は非常に詳細です。
瀬戸内海に特権的な海域を持つ塩飽諸島と、その海域に入会で漁業をしていた下津井との間に起こった事件について、この一冊があればかなり理解できると思います。

事件の概要だけを見ると、入会を拒否した塩飽諸島に怒った下津井の漁民が殴りこんだ…というだけの印象になってしまいますが、そこからもう一歩踏み込んで、なぜ塩飽諸島は拒否をしたのか…という所から、当時の漁協のあり方なども含めて追求しています。

 感想
正直に言うと、事件に対する印象はかなり変わりました。
もっとシンプルだと思っていました。

突然、生活に関わる入会の拒否。
怒る漁民、進まない交渉に苛立ち、暴挙へ…。

もちろん、これも塩飽騒動の一面だと思います。

しかしそれだけではない事件の複雑な部分に触れられる点では、現時点では唯一の本なのではないかと思います。
今回はたまたま、倉敷市の古書の店で入手できましたが、是非とも次世代に語り継いでいって欲しい一冊です。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
日本の領土 離島が危ない!
尖閣諸島などの問題もあって、島と言うのは国際問題になるんだなぁと思っていた時に、電子書籍でちょうどそれらしいタイトルを見かけたので呼んで見ました。

 どんな本

タ イ ト ル に 偽 り ア リ

以上。

 内容について
この本は色々な島の歴史や伝説について紹介した本です。
はっきり言うと、この本と日本の領土問題は全く無関係ですし、内容を読む限り離島に危険は及んでいません。
唯一、沖ノ島の記事に多少政治がらみの話題がある程度です。

個人的に、民俗学のような本は嫌いではないですし、この本自体も別に面白くないとは思いません。
色々な島の遺跡、習慣、伝説などが手軽に読めるという点ではイイ感じではないでしょうか。

 感想
この本、元々は【知られざる日本 離島の謎】という本です。
奥付にもそう書いてあります。

時事に合わせて、表紙とタイトルを変更してみた…という感じでしょうか
紙の書籍ではすぐにはできない、電子書籍ならではの奇策。

ただもとのタイトルの離島の謎にしても、ちょっと言いすぎです。
本当に日本の離島を紹介しているだけです。
それっぽく、記事のタイトルに血痕のようなマークをつけてみたりしていますが、別に怖い話もありません。

繰り返しになりますが、本自体は面白いと思うんです。
ただタイトルを見ると、どうも騙されたような、面白くない気分が芽生えてくるのです。

※購入は電子書籍のストアで検索してみてください。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.