FC2ブログ
About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
スノーピアサー
久しぶりに映画を観てみました。
ホラーだと思って観たのですが、実際は余りホラー要素はない作品でした。

 あらすじ
舞台は2031年。
世界は地球温暖化を食い止めるために、化学薬品を用いて対策を打とうとしました。
しかしその反動で地球には氷河期が訪れ、人間の大半は滅びてしまいます。

生き残った人々はスノーピアサーという永久機関を持つ列車の中で暮らしていた。
しかし電車の中には強烈な貧富の差が構築されており、最後尾の列車の人々は迫害されながら貧しい生活を強いられていた。

主人公のカーティスたちは、そんな状況を打破しようと裕福層が暮らす前方の車両、そして電車を取り仕切るウィルフォードのいる先頭車両を目指した。

 ホラー?
この作品はぜんぜん怖くないです。そもそもホラー作品として銘打たれておらず、スリラーとされています。

少しだけホラー調な描写はありますし、人もポンポンと死んでいきます。
唯一、グロいとすれば最後尾車両の人々の主食であるカロリーブロックがどのようにして作られているか、というところでしょうか。

ホラーが苦手な人でも、その雰囲気を味わいながら気軽に観る事が出来る作品だと思います。

 感想
この作品を端的に言えば「世界が一つの列車だったら」といったところです。

ただシチュエーションが区切られている割に、世界観が分からないんですよね。
地球温暖化の対策が打たれる→いきなり電車内の貧困層が登場する…といった、ちょっと頭の理解が追いつかない感じ。
ミステリーで言うところのクローズドサークルに相当する作品ですが、中盤くらいまで「??」という場面が多かったです。

分からなくてもアクションは面白いですし、楽しめるのですけれどね。
主人公のクリス・エヴァンスは、個人的には他の作品とは違うイメージの作品で面白かったです。
もっとスマートなヒーローのイメージがあったので、良くも悪くも泥臭く、人間臭い主人公を演じるのもいい感じでしたね。
ヒロイン役、主人公に次いで重要なキャラクターが韓国人の俳優で、後から調べてみると韓国人の監督でした。

原作がフランスの小説のようですが、監督のポン・ジュノはアメリカっぽいホラーが上手そうだなーと思いました。
今後の作品にも注目したいですね!


スポンサーサイト

テーマ:映画情報 - ジャンル:映画


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
成果が10倍上がる!手帳の極意-学研ムック
ここ数年間は毎年同じリフィルを使い続けているので、次は何か変えてみようかと手帳の本を読んでみました。

 どんな本?
手帳の極意と言うタイトルではありますが、基本的には手帳の商品紹介の本です。
2015年発行の本なので、もしかすると購入不可の商品もあるかもしれません。

著名人の手帳の使い方なども紹介されていますが、手帳の書き方のテクニックや裏技といった内容がメインの本ではないので要注意です。

逆にどんな種類のリフィルがあるのかを知るのには便利な本です。

 感想
手帳の活用術のような本もたまに読んではいるのですが、業種や職種が違えば内容も変わってくるものです。
良いなと思っても、自分の状況に上手く反映できないというケースも多いので、寧ろテクニックよりもリフィル自体を見ている方が活用術としてはいいのかなと思いました。

その点では商品紹介と、実体験と半々くらいになっているこの本は勉強になりました。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
屋根裏の散歩者/江戸川乱歩
前々からタイトルは知っていた江戸川乱歩の人気作、屋根裏の散歩者を読んでみました。
語り手が犯人というスタイルの推理小説です。

 あらすじ
主人公は何事にも興味が持てない男性で、仕事も続かずに家からの仕送りで生活していた。
そんなある日、明智小五郎と知り合った彼は犯罪に興味を抱き始める。
それは些細ないたずら程度のもので、尾行したり女装したりというもので、彼には珍しくとても興味を惹かれた趣味だった。

しかしそれにも飽き始めた頃、彼は下宿の屋根裏に上がれることを知る。
そしてそこから出来るであろう完全犯罪への誘惑に捕らわれ始めるのだった。

 感想
個人的には大掛かりなトリックよりも、こういう日常に潜んでいるようなものの方が好きなので楽しく読めました。

ただ推理小説として読むには、ちょっと物足りない部分も多いかもしれないですね。
どちらかと言えば、犯罪や殺人欲に捕らわれた人間の心理を記した私小説風な作品です。

明智小五郎の推理も犯罪の核心をつく程のものではなく、違和感などから犯人を心理的に揺さぶってみたという程度のものです。
一般的に世に出回っているタイプの推理小説とは少し毛色の異なる作品で、面白く読めました。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。

ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。